ゲーム会社の評判、決算などの情報を公開しています。

ジーメディア

決算

[決算]フリュー、2020年3月期第1四半期は、5億4,900万円の純利益

更新日:

フリュー

決算サマリー

フリューは、1997年にオムロンエンタテインメントより全部事業譲受を行いプリントシール事業を開始。2008年に家庭用ゲーム事業に参入。2014年にオン乱ゲームの運営・開発をコアエッジをグループ会社とする。ゲーム事業では、アニメ・コミック作品のゲーム化タイトルと、フリューオリジナルタイトルの2軸で展開し、プリントシールのユーザー層と同じく、女子・若年向けのタイトルが多い。
URL http://www.furyu.jp/

  • 2020年3月期第1四半期(2019年4月1日~2019年6月30日)
  • 売上高 62億3,400万円
  • 純利益 5億4,900万円

決算資料のトピック

ゲーム事業:第2四半期以降に販売計画が集中。ゲームアプリでは、女性向け恋愛シミュレーションゲームの売上が堅調に推移。当社の子会社である株式会社コアエッジの損益については、前第2四半期連結会計期間まで持分法を適用していたが、2018年9月の連結子会社化により、前第3四半期連結会計期間以降の損益計算書を連結。結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は463百万円(前年同期比54.9%)、営業損失は233百万円(前年同期 営業損失145百万円)。

-決算
-

Copyright© ジーメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.