決算

[決算]日本ファルコム、2019年9月期第1四半期は2億900万円の純利益

日本ファルコム

決算サマリー

日本ファルコムは1981年に創業したパソコンゲームの黎明期である8ビットパソコンの時代からのメーカー。2001年にゲーム部門を分割し現法人とする。2003年には東京証券取引所マザーズに上場。ゲームミュージックも定評があり、1988年には自社のゲームミュージック作品専用レーベルとして「ファルコムレーベル」を発足させる。
URL https://www.falcom.co.jp/

  • 2019年9月期(2019年10月1日~2019年12月31日)
  • 売上高 4億7,700万円
  • 純利益 2億900万円

決算資料のトピック

製品部門:「イース セルセタの樹海:改」(2019年5月発売)や「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)スーパープライス」(2019年6月発売)のほか、「イース」シリーズ最新作「イースⅨ-Monstrum NOX-(モンストルム・ノクス)」(2019年9月発売)を販売。結果、製品部門の当第1四半期累計期間の売上高は32百万円(前年同期比67.8%減)。
ライセンス部門:2019年10月に「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」「英雄伝説 碧の軌跡 Evolution」の繁体字中国語版及び韓国語版を発売。「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」の英仏語版を、同じく2019年10月に発売。結果、ライセンス部門の当第1四半期累計期間の売上高は444百万円(前年同期比2.7%減)

-決算
-,

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.