ゲーム会社の評判、決算などの情報を公開しています。

ジーメディア

決算

[決算]日本ファルコム、平成30年9月期 第1四半期は1億1,200万円の純利益

投稿日:

130807falcomlogo-201308

サマリー

  • 平成30年9月期 第1四半期(平成29年10月1日~平成29年12月31日)
  • 売上高3億1,100万円
  • 純利益1億1,200万円
コメント

日本ファルコムは、1981年に創業。2001年にゲーム部門を分割し、現法人とする。2003年には東京証券取引所マザーズに上場。日本のパソコンゲームの黎明期である8ビットパソコンの時代からのメーカー。当初はパソコンゲームを主に開発し、1980年代から1990年代前半ごろの作品は、他社へのライセンス提供により家庭用ゲーム機に移植されている。1995年に初めてサードパーティとして家庭用ゲーム機PCエンジンに参入する。2000年代後半よりPlayStation Portable (PSP) に積極的に参入する。ゲームミュージックも定評があり、1988年には自社のゲームミュージック作品専用レーベルとして「ファルコムレーベル」を発足させる。

会社概要

  • 社名 日本ファルコム株式会社
  • URL https://www.falcom.co.jp/
  • 代表者 近藤季洋
  • 住所 東京都立川市曙町2-8-18 東京建物ファーレ立川ビル3階
  • 設立年月 1981年(昭和56年)3月
  • 資本金 164,130,000円
  • 主な実績 英雄伝説 シリーズ、イースシリーズ、東京ザナドゥ

決算情報

2018_1Q pdf

ゲームセグメントの業績

当第1四半期累計期間の製品部門におきましては、東京ゲームショウにおいて日本ゲーム大賞フューチャー部門を受賞しました据え置き型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」(平成29年9月発売)や、平成29年11月に株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント主催の「プレイステーションアワード2017」においてユーザーにより選出される「ユーザーズチョイス賞」を受賞しました据え置き型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」(平成29年5月発売)を販売しております。
なお、累計販売台数7,000万台に達した据え置き型ゲーム機PlayStation4向けに、累計販売本数120万本を突破した「英雄伝説 閃の軌跡」シリーズとして、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅰ:改 -Thors Military Academy 1204-」を3月8日に、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ -The Erebonian Civil War-」を4月26日に発売する予定です。さらに、シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ -THE END OF SAGA-」についても鋭意制作中です。その結果、製品部門の当第1四半期累計期間の売上高は64百万円(前年同期比168.9%増)となりました。ライセンス部門におきましては、据え置き型ゲーム機PlayStation4及びPC向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」の英語版や携帯型ゲーム機PlayStationVita向けゲームソフト「英雄伝説 空の軌跡SCEvolution」繁体字中国語版及び韓国語版を平成29年12月に発売しました。また、旧タイトルのPCゲーム英語版ダウンロード販売やオンラインストーリーRPG「英雄伝説 暁の軌跡」の他、「乖離性ミリオンアーサー」(株式会社スクウェア・エニックス)、「クルセイダークエスト」(NHNエンターテインメント株式会社)などのゲームタイトルとのコラボレーション展開を進めました。平成30年3月には携帯型ゲーム機PlayStationVita向けゲームソフト「英雄伝説 空の軌跡the 3rd Evolution」繁体字中国語版及び韓国語版を発売する予定です。その結果、ライセンス部門の当第1四半期累計期間の売上高は247百万円(前年同期比5.8%減)となりました。以上の結果、当第1四半期累計期間の業績は、売上高は311百万円(前年同期比8.8%増)、営業利益は151百万円(前年同期比2.4%増)、経常利益は153百万円(前年同期比2.5%増)、四半期純利益は112百万円(前年同期比3.9%増)となりました。

twitterの話題






-決算
-

Copyright© ジーメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.