ゲーム会社の評判、決算などの情報を公開しています。

ジーメディア

決算

[決算]バンダイナムコホールディングス、平成30年3月期 第3四半期は408億7,800万円の純利益

投稿日:

svg

サマリー

  • 平成30年3月期第3四半期(平成29年4月1日~平成29年12月31日)
  • 売上高4,831億8,000万円
  • 純利益408億7,800万円

コメント

バンダイナムコHDは、バンダイナムコのグループ企業を統括する持ち株会社。2005年にバンダイとナムコが合併する形で設立。有名アニメのキャラクターを使用したIPタイトルが多いが、テイルズシリーズの様なオリジナル作品でも有名な作品が多い。

会社概要

  • 社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
  • URL http://www.bandainamco.co.jp/
  • 代表者 石川 祝男
  • 住所 東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所
  • 設立年月 2005年9月29日
  • 資本金 100億円
  • 主な実績 テイルズシリーズ、ゴッドイーターシリーズ、鉄拳シリーズ

決算情報

20180209_1Result pdf

ゲームセグメントの業績

ネットワークエンターテインメント事業につきましては、スマートフォン向けゲームアプリケーションなどのネットワークコンテンツにおいて、ワールドワイド展開している「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ワンピース トレジャークルーズ」、国内の「アイドルマスター」シリーズなどの主力タイトルの好調が継続し収益に貢献しました。家庭用ゲームにおいては、欧米地域を中心に新作タイトル「TEKKEN(鉄拳)7」が人気となったほか、既存タイトルのリピート販売が好調に推移しました。アミューズメントビジネスでは、アミューズメント施設の国内既存店が順調に推移したほか、新技術を融合した新たな取り組みとしてVR(Virtual Reality:仮想現実)を活用した機器開発や施設の出店を積極的に推進しました。事業全体では、前年同期は家庭用ゲームにおいてダウンロード販売比率の高い新作大型タイトルの発売があったこと、当第3四半期連結累計期間はVR施設を中心に積極的な出店を行ったことによりアミューズメントビジネスが費用先行となることなどから利益面では前年同期の業績を下回りました。この結果、ネットワークエンターテインメント事業における売上高は285,329百万円(前年同期比9.4%増)、セグメント利益は33,834百万円(前年同期比5.7%減)となりました。

twitterの話題






-決算
-

Copyright© ジーメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.