決算

[決算]コロプラ、平成30年9月期 第2四半期は26億300万円の純利益

logo-ロゴ

サマリー

  • 平成30年9月期  第2四半期(平成29年10月1日~平成29年3月31日)
  • 売上高235億5,800万円
  • 純利益26億300万円

コメント

コロプラは、スマートフォン向けのゲーム開発・運用を行う会社。ガラケー自体に、創業者の馬場功淳が個人的な副業として始めた位置ゲー「コロニーな生活」が発祥。ゲームが人気化したことにより独立し、2008年にコロプラを法人化。スマートフォンが登場してからは、ネイティブゲームアプリにシフト。2012年に上場。

会社概要

  • 社名 株式会社コロプラ
  • URL http://colopl.co.jp/
  • 代表者 馬場 功淳
  • 住所 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
  • 設立年月 2008年10月1日
  • 資本金 6,433百万円(2017年9月末日時点)
  • 主な実績 魔法使いと黒猫のウィズ、白猫プロジェクト
決算情報

View aspx (2)

ゲームセグメントの業績

売上の多くを占めるスマートフォン向けゲームでは、当第2四半期連結累計期間において、国内向けに「ディズニー ツムツムランド」「アリス・ギア・アイギス」の配信を開始いたしました。また、「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」といった既存ゲームにおいては、TVCMやオンライン動画プラットフォームのプロモーションに加え、グッズの製作、リアルイベント等を実施することでユーザとのエンゲージメントを高めるサービス運用をしてまいりました。
VR端末向けコンテンツでは、Windows Mixed Reality向けに「TITAN SLAYER」、Daydream向けに「Nyoro TheSnake & Seven Islands」の配信を開始いたしました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は23,558百万円(前年同四半期比13.6%減)、営業利益は4,180百万円(同43.2%減)、経常利益は3,870百万円(同49.6%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2,603百万円(同46.7%減)となりました。
なお、当社グループにおける報告セグメントはモバイルサービス事業のみであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略しております。

twitterの話題





-決算
-

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved.