決算

[決算]クリーク・アンド・リバー、2019年2月期第1四半期は、4億5,400万円の純利益

クリークアンドリバー

サマリー

  • 2019年2月期第1四半期(2018年3月1日〜2018年5月31日)
  • 売上高 73億6,600万円
  • 純利益 4億5,400万円

コメント

クリーク・アンド・リバーは、ゲームやクリエイティブ分野での人材派遣、制作がメイン事業。1990年に設立し、1996年にゲームクリエイターの派遣事業を開始。ゲーム以外では、映像、医療などの事業も行っている。

会社概要

  • 社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
  • URL http://www.cri.co.jp/
  • 代表者 井川幸広
  • 住所 東京都千代田区麹町2丁目10番9号C&Rグループビル
  • 設立年月 1990年3月20日
  • 資本金 10億3,559万円
  • 主な実績 戦国修羅SOUL、キン肉マン〜メモリアル〜

決算情報

クリークアンドリバー02

決算短信のゲーム関連トピック

  • 制作受託案件や海外と連携した共同開発、IPを活用した自社 開発への取り組みを強化。
  • 制作スタジオでは、受託案件の制作のみならず、コンシューマー、アミ ューズメント、ソーシャル分野のクリエイターの採用・育成を行ない、クライアントの人材需要の増加に対応

決算説明資料のゲーム関連トピック
  • 新作「フリージングエクステンション」や「ファイブキングダム」を準備中。

1_ゲーム関連で手がけた案件

  • シリコンスタジオグループのゲーム開発会社クレイテックワークスをグループ化

2_クレイテックワークスをグループ化

  • 連結の売上高/営業利益で、ゲームが占める割合は、それぞれ22.2%,28.6%。

3_連結業績

  • クリエイティブ分野(日本)の売上高/営業利益で、ゲームが占める割合は、それぞれ31%,54%。

4_クリエイティブ分野業績

twitterの話題




-決算
-

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved.