口コミ

株式会社Aimingの口コミ

Aiming

記事番号12538:プログラマー

入社を希望した理由

大学生の時にこの会社にインターンに来たのがきっかけです。ゲーム開発の面白さや楽しさを教えてもらったので、ここで働きたいと思い卒業後に入社しました。

給与制度

大卒初任給で25万ほどです。基本給に残業手当てと職務手当てが入っているので、業種によって初任給はもう少し上下すると思います。昇給査定は年に2回あります。

社内の雰囲気

会社の先輩や上司はみんな優しい雰囲気で積極的にコミュニケーションを取ってくれます。入社してまだ短いですがギクシャクした雰囲気には出くわしたことがないですね。

組織体制

自分はゲーム開発というよりはゲーム運営に携わる業務を担っていて、開発スタッフとは別に毎日のゲーム運営を行う専門のチームがプロジェクト内にあるようなかたちです。

勤務体制

ゲーム運営に携わるスタッフの業務には運営上のトラブル等の対応も含まれているので、何か問題が発生した時は残業や休日出勤することもあります。持ち回りがあるのでトラブルがあったら絶対に残業や休日出勤しなければならないわけではありません。

福利厚生・社内設備

他の会社と比べて福利厚生はかなり良い方だと思います。各種保険の他に家賃補助や通勤手当てもあります。個人用パソコンも支給されますし社内設備も充実しています。

会社の良いと思う点

居心地が良く集中して作業に取り組める環境があることですね。人間関係やその他でギクシャクしていたら集中を欠いてパフォーマンスが低下するので、そういうのがなくスッキリしているのは十分魅力的な要素だと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

一つの部署に配属されたら数年は異動できない(他プロジェクトの人員状況による異動はある)ので、部署に不満を持った時に精神的にキツいというところです。ある程度経験を積めば異動申請を出せるのですが、そこに至る前に辞めてしまう人も多々いますね。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

快適な職場環境で集中して業務に取り組みたいという人にはもってこいの会社だと思います。そのような職場環境にするためには、自分も積極的にコミュニケーションを取っていかなければならないですが。

目次に戻る

記事番号30318:グラフィックデザイナー

入社を希望した理由

デザイナーとしてゲーム会社への就職を希望していたのですが、条件の一つとして作業フローが細分化されていて、一つの作業に集中できる環境が良いと思っていました。その条件に合ったのがこの会社だったので入社することにしました。

給与制度

専門卒での入社でしたが給与水準は他社と比べてかなり高いと感じました。デザイナーやプログラマーなどの職種には職務手当てが付いてきますが予め基本給に含まれています。

社内の雰囲気

社内では何百人も働いているので本当に色んな人がいます。アニメ・ゲーム好きで明るいデザイナーもいれば、あまり愛想がよくないプログラマーもいたりと、職種と配属先によって雰囲気はかなり変わってくると思います。自分の場合は同じ趣味の先輩がいたので良い雰囲気の職場でした。

組織体制

大体一つのプロジェクトに数十人規模の開発スタッフが携わっていて、デザイナー班の場合は一つのプロジェクトに8人前後のスタッフがいます。その人数の中でキャラクターデザインを考える人、UIを考える人、背景などを考える人といった風に振り分けられます。

勤務体制

基本的には10時出社〜19時退社の勤務体制です。一応フレックス制ですがコアタイムが10時からなので大体10時か9時にみんな出社していますね。プロジェクト状況によって残業が多くなることもあります、特にリテイクを食らった時は残業して仕上げないとリソースが間に合わないこともあります。

福利厚生・社内設備

標準的な福利厚生は備わっていますし、家賃補助や通勤手当てなどもあります。プロジェクトがひと段落ついた時に部署ごとに飲み会を開くこともあるのですが、その時は会社から懇親会補助が出ます。

会社の良いと思う点

デザイナーとして一番良いと思ったのはこだわりが強い人が多いというところです。決められたプランニングに従ってデザイナーは仕事をしていきますが、その中で自分の個性を出そうとみんなこだわって仕事をしているところはすごく魅力的に感じます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

誰かが辞めたりするとその穴を埋めるために別の部署から人員が回されることがあるのですが、そのせいで作業管理が大変になって残業が続くということが時々あります。そのような時は体力的にも精神的にもキツいですね。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

基本的には自分の得意分野(キャラクターや背景など)を活かしてくれるような配属になるので、自分のスキルを磨いてもっと高いレベルのものに引き上げることができると思いますよ。

目次に戻る

記事番号47491:デバッカー

入社を希望した理由

大阪でデバックの仕事ができる仕事を探していた時にたまたま見つけたので、学生アルバイトとして入社しました。

給与制度

アルバイト時給は1000円とそれなりによかったです。その代わり昇給や通勤手当てなどはありませんでした。

社内の雰囲気

デバックと言っても楽しくゲームをプレイするわけではないので、雰囲気としては黙々ひたすらとバグの確認をしているといった感じです。

組織体制

アルバイトだったので断片的なことしかわかりませんが、プロジェクトごとに部署があってその中でデザイナーチームやプログラマーチームなどに分かれていました。デバックチームはプログラマーチームのそばで作業して、すぐに問題を報告できるようになっていました。

勤務体制

学生アルバイトなので出勤日は自由でした。1日4時間からで週3回程度(平日)に働いていましたし、他のアルバイトの人も同じような体制で働いていました。

福利厚生・社内設備

学生だったので保険やその他の福利厚生はありませんでしたが、遠くから通う人のために通勤手当て(上限あり)はありました。

会社の良いと思う点

どんな些細なバグの発見でもきちんと対応してもらえたり、重大なバグを発見した時に褒めてもらえたりと、バグ取りという末端の仕事でも高いモチベーションで仕事ができるのは良いと思いました。自分もゲーム開発に携わっている感じがして嬉しかったです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

特にありません。デバックの仕事自体は地道な仕事なので窮屈に感じることもありますが、社員の人も優しく気さくですごく良い職場だと思いました。

退職理由

大学を卒業して別の開発会社に入社したからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

デバッカーとして働いている時に社員の人が言っていたのですが、「デバックはゲームの質を決める大事な作業」とまさにその通りだと思います。末端の仕事でもプロ意識を持って取り組めるという人にはぜひオススメの仕事です。

目次に戻る

記事番号29324:シナリオライター

入社を希望した理由

自分がRPG系のシナリオを得意としていたため、RPG系ゲームに定評のあるこの会社に入社を決めました。

給与制度

他社で経験を積んでからのキャリア採用だったので給与水準はよかったです。シナリオライターとして4年働いていますが、毎年2回の査定では全て昇給となっています。

社内の雰囲気

シナリオライターはゲームを愛し楽しまなければ良いものを作れないので、周りも含めて常に楽しむように心がけています。部署によっては殺伐としているところもあります。

組織体制

私の場合はプランナーと兼務することが多いので、プランナーとしてゲームの根幹部分とシナリオライターとして物語の根幹部分を組み立てていきます。その内容を各専門職に周知して指示書を発行し、それを元にデザイナーやプログラマーが仕事をするようなかたちです。

勤務体制

勤務体制はフレックス制ですがコアタイムが10:15〜になっているので、一般的な会社の勤務時間には大体の人間が揃っていますね。残業は多いですが休日出勤はマスターアップが近づいた付近くらいです。

福利厚生・社内設備

福利厚生の中に自分のデスク用の椅子を購入する費用補助があるのですが、どうしても長い時間座っていることが多いので個人的にありがたい制度だと思います。開発環境的な意味合いで言えば社内設備に関しても文句なしです。

会社の良いと思う点

ディレクターやプランナーがゲーム内容を全て決めるような体制ではなく、デザイナーやプログラマーなど誰でも「こうすれば面白い!」と思ったことを意見できる環境なのは良いところだと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

ディレクション不足で末端の人員にまで細かなディティールが伝わりにくいというところです。開発規模が大きいとどうしてもこうなってしまうのですが、ディレクション担当の技量次第で改善できるかなとも思うので。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

何かアドバイスするとすれば、どんなことでも良いので自分の考えをしっかりを持つことが大事だと思います。面接の時だけでなく入社してからも自分の意見というのは重要になってくるので、与えられた仕事をただこなすだけというスタンスの人には厳しいかと思います。

目次に戻る

記事番号72765:プログラマー

入社を希望した理由

この会社が開発しているゲームにハマったのがきっかけでゲーム開発に興味を持ったからです。ここで働くために専門学校に通ったようなものです。

給与制度

専門卒の初任給(みなし残業代や職務手当て込み)と考えると非常に高かったです。年に2回は人事課による評価があり、その内容に応じて昇給があります。職務手当ては基本給に含まれていますが、その他の手当てはもらえます。

社内の雰囲気

社内の雰囲気と言っても開発部署だけでも何百人もいる上にスタジオも東京と大阪にあるので、自分が配属された部署によってかなり差があると思います。イメージとしてはディレクターやプランナーなど上位職の人の雰囲気がそのチームの雰囲気になっているような気がします。

組織体制

組織体制には縦軸と横軸があります。縦軸ではプロジェクト(開発タイトル)ごとにディレクター、プランナー、デザイナー、ライター、プログラマーなどの専門職で構成されたチームが組まれていて、このチームで一つのゲームの開発・運営に関わっています。横軸ではデザイナーやプログラマーなど各専門職ごとの班があります。

勤務体制

初任給に残業代が含まれているように残業は多いです。その代わり完全週休二日制なので休日はリフレッシュすることができると思います。

福利厚生・社内設備

福利厚生として家賃補助やオフィス用のチェアー購入費用補助などがあります。申請すればゲーム手当てをもらうこともできるので恵まれていると思います。

会社の良いと思う点

ソーシャルゲームからコンシューマゲームまで枠に捉われないゲーム開発に携われるというところです。職種によってはかなり経験を積めるのが良いと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

人が多いので仕事のやり方にバラつきがあるというところです。ある人に教えてもらった仕事を他の人に確認したら進め方が違うということがあるので、最初は手間取るかもしれません。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

開発規模が大きく激務ですが、やりがいのある仕事です。給料もそれなりに高く福利厚生もしっかりしているので、働きやすい環境ですよ。

目次に戻る

記事番号25874:人事・総務

入社を希望した理由

元々ゲームが好きでした。ゲーム業界での勤務経験はありませんでしたが、自分に合った職種があり応募し採用されました。Aimigのゲームは自分の好きなゲームとジャンルが違いましたが、元々業界未経験ということもあり、どちらかといえば今までの仕事での知識や経験を活かしてほしいという話があり、入社しました。

給与制度

業界的には平均だと思います。また、変わった手当として毎月5000円のゲーム手当が出ます。実際にゲームに課金していなくても、5000円が給料に上乗せされます。スマホゲームの会社なので、他社のゲームをやり込むことで仕事の質の向上に繋がったり、知識習得に繋がると考えられていたため導入された制度のようでした。私は月5000円も課金することがありませんでしたが、ゲームを買う足しにしました。

社内の雰囲気

全社的に共通する雰囲気と言えば、みんな、机の上に好きなキャラのフィギュアを置いていたり、通勤かばんに缶バッチを付けていたりと、オタク趣味を隠す必要がないところが共通しています。完全私服通勤なので、ラフな雰囲気です。会話は基本チャットなので、その気になれば一日中声を出さなくても仕事が出来ます。細かい働き方については、正直、プロジェクトによって大きく異なります。会社の成り立ち的に、いくつかの組織が組み合わさって出来た会社なので、プロジェクトごとに別の会社かと思うほど雰囲気が変わるのは仕方がないのかもしれません。とあるプロジェクトでは、悪天候で全社的に早帰りを促した日にも、トップが働けと言って早帰りをさせてくれなかった……という話が出ていたようです。

組織体制

サービスごとにプロジェクトが組まれていて、その中にマーケティング・開発・運営がいるような組織でした。他に、バックオフィスや海外業務のチームがいました。プロジェクト同士のコミュニケーションはあんまりなく、異動もそこまで多くないので、初期の段階でプロジェクトに入ると、数年単位で同じメンバーで仕事をすることになります。

勤務体制

プロジェクトと時期によって全く異なります。サービスのリリース直前や、イベントの前には、0時まで残っている人がいることもあります。日頃の帰りやすさも、プロジェクトによると思います。ただ、フレックス制なので、前日遅かった人は翌日の出社時間で調整するなどは出来ます。ただ、出社すべき時間になっても人が来ない、無断欠席が多い、ということで問題になっているプロジェクトはあるようでした。

福利厚生・社内設備

カフェスペースにゲーム機があって、時々ゲームをやっている人たちがいます。1ヵ月か2カ月に1度、千葉にある農園から野菜が届いて、早い者勝ちでもらえます。野菜をもらったら、感謝カードみたいなものを書く必要がありますが、無料です。また、利用したことはないですが、500円くらいでボリュームの多いお弁当が売られています。すぐに売り切れてしまうのと、そこまで美味しいわけではないと聞いて、利用しませんでした。

会社の良いと思う点

他の会社で言う役職がないので、先輩も後輩もリラックスした雰囲気で話せます。コミュニケーションもチャットで済むので、わざわざメールで書く必要がないのも楽で良かったです。また、ゲーム好きな人が多かったので、趣味の話を深くたくさん出来る人が周りにいるのは嬉しいポイントでした。外国籍の人も多いので、そういう環境で仕事をしているのは誇らしかったです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

良いところでもあり悪いところでもあるのは、上司がいないところです。あくまでみんな先輩なので、体系的な基準に沿った客観的な評価や指導をしてくれるわけではなかったです。もちろん、実務のフォローはしてくれますが、日頃の評価やスキルアップというところでは、頼りないなと思いました。また、プロジェクト間の交流がないので、一度配属されるとずっと同じメンバーで仕事をすることになります。(一応、異動の希望は出せます。)合うプロジェクトにアサインされるかはわからないので、そこは運だなと思います。また、同期から聞いた話では、スキルが高い若手の場合、自分より出来ない人が先輩になってしまい、苦労するそうです。

退職理由

組織として不安定で、自分のスキルアップが難しいと感じたのが、退職理由です。小さな調整事や、気分屋のメンバーのご機嫌取りに時間がかかるなど、大人の職場というよりも人に依存した雰囲気があって、あまり効率がいい組織ではないと思いました。もっと違うことに業務時間をあてられたら、退職しなかったかもしれないです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ゲームが好きな人、自分の得意分野がある人にはお勧めの職場です。スキル未発達な人は、自分の本当に得意なことが何かを考えながら働かないと、流されてしまうと思います。後は、自分と相性のいいプロジェクトに配属されたら、安泰だと思います。

目次に戻る

ゲーム会社の口コミ募集中

ゲーム会社の口コミ・レビューを募集しています。投稿頂いた方には謝礼をお送りさせていただいておりますので、ご興味ある方はこちらをご覧ください。

-口コミ
-

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved.