口コミ

株式会社サイバーコネクトツーの口コミ

サイバーコネクトツー

記事番号17439:グラフィッカー

入社を希望した理由

高いクオリティのグラフィックを持つゲームを開発していた会社だったので憧れでした。モーションやエフェクトを含めて、自分の技術の向上が見込めると思い入社を決めました。

給与制度

給与は低かったです。東京と福岡のどちらの事業所で働いていても水準は同じなので、東京で働く人は他社より水準が低くて経済的に厳しい感じやすかったです。

社内の雰囲気

社内の人間関係は良好だったように思います。癖の強い人や変な人もいるにはいますが、そういう人が勝手な振る舞いをして周りに迷惑をかけるということはありませんでした。

組織体制

福岡本社と東京スタジオに組織が分けられています。それぞれのスタジオでプロジェクトを担当し、担当クリエイターを集めたチームが形成されます。

勤務体制

基本は9時-18時が定時でした。一部の職種の人は裁量労働制が認められていて、その場合はみなし9.75時間の最良労働契約がされていて1日1.75時間以上の残業代は出ないようでした。

福利厚生・社内設備

オフィス環境や開発設備は優れていますが、福利厚生はあまり多くはありません。社会保険や有給休暇はあるので困ることはありませんが、特に利用できるような制度もありません。

会社の良いと思う点

PS2の時代からアクションゲームを作っている実績があり、アクションゲームに必要な要素を高いレベルで再現できる技術力を持っています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

教育制度がほとんど何もないところです。社員旅行を兼ねた海外研修はありますが、日頃から勉強会等の教育制度が何もないのは問題だと思います。

退職理由

この会社で長く勤めても個人的な展望が見込めなかったので、ここでの経験を持って他社で活躍しようと退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

この会社が作っているゲームが好きかどうかで、仕事に対してやりがいを持てるか、会社が好きになれるかどうかが大きく変わってくると思います。

目次に戻る

記事番号39748:プランナー

入社を希望した理由

既にあるメディア作品のゲーム化を得意とする会社で、企画やゲームプランニングの幅が広くて面白そうだと思ったのが入社を決めたきっかけです。

給与制度

給与水準は人によって差が大きい会社です。特に経験者と未経験者の差が大きくて、未経験の新卒3年目と経験者入社3年目だと年収がかなり開いています。

社内の雰囲気

東京と福岡で雰囲気は違うような気はしますが、どちらも居心地が悪い雰囲気ではありませんでした。若い社員も発言しやすい会社ですし、上司も先輩も気遣いのできる人が多かったです。

組織体制

福岡と東京に二つの開発拠点を持っています。本社は福岡になるのでこちらの開発組織の方が規模が大きく、東京は少し小さいながらも開発を完結できるだけの組織はありました。

勤務体制

基本は9時〜18時の固定勤務制ですが、残業が多い一部の職種では裁量労働契約がされていました。裁量労働だと勤務時間は自由が効きますが、1日9.75時間以上は働いても手当は出ませんでした。

福利厚生・社内設備

一番の福利厚生は定期的に海外研修があったことです。海外拠点であるモントリオールスタジオに技術者を送って、現地スタッフと技術交流を持てます。

会社の良いと思う点

即戦力を求める会社なので他社で多く経験を積んで何でもできるという人は、他社より良い待遇で雇ってもらえます。ただし給与水準が低い社員も多いので、やっかまれることもあるかもしれません。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

福利厚生の特筆すべき点が海外研修くらいしかないところです。日頃からもっと使える制度があれば良いのですが、そういうのがないので満足度は低いです。

退職理由

プランナーとしてある程度の経験を積めたので、コンシューマー以外のゲーム開発に携わりたいと思い、モバイル系の会社に転職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

コンシューマーゲームの開発に携わりたいのであれば良い経験ができると思います。現状でモバイルなどに事業を伸ばしていないので、経験できる範囲は限られます。

目次に戻る

記事番号82553:キャラクターデザイナー

入社を希望した理由

私が入社した当時は、福岡では主要なゲーム会社といえばサイバーコネクトツーのほかに、レベルファイブとガンバリオンがあり、最初にインターンシップに入ったのはレベルファイブでした。レベルファイブと言えば、現在ではよく知られた会社だと思いますが、ゲームを原作にしたアニメで大ヒットした「妖怪ウォッチ」のキャラクターデザイナーは私の通っていた専門学校の先輩であり、憧れが強く入社を希望したのですが、研修中に社風が自分に合わないことに気づき8ヶ月程度でインターンを辞めて、専門学校に戻りました。専門学校で次の就職先を探していたところ、サイバーコネクトツーにすでに入社していた先輩から誘いを受けて、同社ではその先輩以外にも第一線で活躍している先輩がいたこともあり、自分もそのように活躍できればと思い入社を決めました。

給与制度

これから紹介するサイバーコネクトツーの給与制度やその他規定は、あくまで私が勤めていた約15年前位の規定であることを前置きさせてください。給与制度は基本給に加えて、個人の能力に合わせてプラスアルファされますが、先輩に聞いたところでは入社時点ではほぼ個人差はありません。しかし、社内で実績を積む中で担当部署のディレクター職などを任されるようになれば、それに見合った役職手当がつきます。とは言え、それでも担当部署でのディレクターはそうではない人と比べて大きな差は無い印象でした。ただし、これは社員の多くが20代で若かった事も影響していたと思われ、開発室のリーダーやチーフプログラマーなどはおそらく一般企業の役職クラスの給与をもらっていたと思われます。また6月と12月にはインセンティブボーナスがもらえますが、これは開発に携わったタイトルの売り上げが大きく影響してきます。私は入社当初から退社するまで一貫して「ナルティメット」シリーズを担当していたため、「.hack」シリーズに比べて売り上げが大きかったことからインセンティブボーナスは「.hackシリーズ」に比べて多くもらえていました。

社内の雰囲気

ゲーム会社は概ねどこもアットホームだと思いますが、サイバーコネクトツーも若手社員が多いこともあり活気のある社風でした。これは同社の名物社長である松山洋さんのキャラクターが影響与えている部分も大きいと思います。

組織体制

現在では社長を補佐する副社長がいるようですが、当時は社長の下には基本的にタイトルごとの各開発室と総務部があり、 各開発室はリーダーが取りまとめていました。各開発室には、企画部署、デザイン部署、プログラム部署、音楽部署があり、それぞれその中に細かく担当部署が置かれていました。人材がまだ少なかった私が勤めていた当初は、営業活動等に参加することもありましたが、現在同社のホームページを見る限りでは総務部が中心に行っているようで、イベント等の種類によって適役の各部署のリーダークラスが参加しているようです。

勤務体制

通常期は朝9時に出勤して定時が午後6時でした。忙しくない時期で用事があれば定時で帰宅することもありましたが、それでも定時帰宅は滅多にありませんでした。残業しても残業代が出る事はありませんが、多くの社員が最低でも2、3時間は残業することが当たり前になっていたように思います。私は基本的に21時か22時ごろに退社していましたが、一般企業であれば毎日残業を4時間程度しても残業代が出ない場合はブラックだと言われがちですが、ブラックだと思った事はありません。これはゲーム会社特有の体質だと思いますが、作ることが好きで入った会社なので定時を過ぎた後は、仕事の続きをしたり、技術の研究をしたり、イラストを描いたり、社員同士で会話やゲームをするなど、半分自由時間だったことも残業が苦じゃなかった理由だと思います。締め切りが迫ってくると23時退社などは当たり前で、場合によっては午前1時くらいまで仕事をしていることも珍しくありませんでした。また本当に佳境にさしかかったときには土日出勤も普通にありました。

福利厚生・社内設備

私が入社した時のオフィスは気の利いた社内設備はなかったように思いますが、きれいなオフィスに移転してからはフロアの中央に無料のコーヒーメーカーと自動販売機があり、社員の憩の場となっていました。また、喫煙者が多いためちゃんと喫煙ルームも備えられておりました。私が勤めていた当時はタイトルの開発が終わるとまとまったリフレッシュ休暇がありましたが現在はないと言うことです。年に1回海外研修と言う名目で社員旅行があり、私は2度アメリカに行きましたが、いずれもロサンゼルス等で開かれていたゲーム開発者会議であるGDCなどに参加するものの、メインはラスベガスでの観光で、スカイダイビングやカジノ、観劇など楽しみました。

会社の良いと思う点

サイバーコネクトツーの良いところは第一に社内の活気があるところだと思います。名物社長の松山洋さんのファンだと言う人もおり、多くのゲーム会社の中でもわかりやすい特色がある会社だと思います。逆に言えば、松山洋さんが苦手だと感じる人は居心地が悪いかもしれません。しかし松山洋さんが業界で非常に社交的であることもあり、「ナルティメットシリーズ」ではナルトの声優である竹内順子さんやシカマルの森久保祥太郎さん、「.hackシリーズ」ではイメージイラスト担当の貞本義行さん、その他にも「ファミ通」編集長の浜村弘一さんが来社されたことがありますので、業界の有名人と会う機会があるのも当社の魅力だと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

現在はどうか分かりませんが、当時は給与体系があまり明確ではなかったことが次第に不満を持った原因でした。よく面倒みてもらっていた先輩はデザインチームの管理職でしたが、給与がさほど平社員と変わらない事実を知った時は残念に感じた記憶があります。結果的にこれが私が独立しようと考えた理由の1つとなりました。

退職理由

前の項目と重なる部分がありますが、私がサイバーコネクトツーを退職した理由は給与の限界を感じたためでした。大好きなゲームを作っていると言う点で、給与は二の次と考える風潮がありますが、在職中に自己啓発本に出会ったことがきっかけでお金を稼ぐ事を真剣に考えるようになりました。同社には7年ほど勤務していましたが、独立のきっかけがあり円満退社することができました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

当時私の友人が人事を担当していましたが、採用する人の基準として最低限の技術はもちろん、何か1つの方面に対して人にはない情熱がある人を優先的に採用していました。誰にも負けない何かを持っていると言うのは非常に強いセールスポイントとなります。ゲーム会社は情熱がなければやっていけません。特にサイバーコネクトツーは漫画やアニメなど版権物の作品を得意としているので、漫画やアニメが単に好きと言うだけではなく、さらに深い視点で作品を見ることを意識すると自分の中で何かしらの強みが生まれてくると思います。

目次に戻る

記事番号70934:ローカライズクリエイター

入社を希望した理由

海外勤務経験を活かした仕事に就きたいと考えていた時に知人からゲームローカライズの仕事を教えてもらったのがきっかけです。

給与制度

給与水準は前職と比べると低く、入社時月給で5万ほど下がりました。技能者手当てを含めた手当てがあるのでトータルでは同じくらいです。

社内の雰囲気

ゲーム開発の現場は初めてだったのですが、一般的な企業とは違う独特な雰囲気の職場だと感じました。娯楽商品を作る仕事なので、楽しみながら作っているのだと思います。

組織体制

私の仕事は翻訳業務と特殊なのでゲーム開発部署からは分離されています。開発部署の人たちはプロジェクトごとにチームが組まれています。

勤務体制

平日は毎日1時間から2時間程度の残業が常にある状態です。私の場合は休日出勤はほとんどありません。

福利厚生・社内設備

福利厚生はしっかりしています。海外研修や飲み会補助など嬉しい制度もいくつかあります。

会社の良いと思う点

素晴らしい環境で働けるのが一番良いところだと思います。社員の人柄も良く職場環境も良いので長く続けていける会社だと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

英語に堪能な人が少ないので、自分が担当したローカライズのニュアンスが正しいのか判断できる人が少ないです。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

どの職種に就いている人も熱意を持って仕事に取り組んでいるような会社なので、自分の仕事にプライドと責任を持てる人が重視されます。

目次に戻る

記事番号33361:サウンドクリエイター

入社を希望した理由

音楽制作会社への就職を希望していて、色々調べていた時にこの会社について知りました。ゲーム会社内部にある音楽スタジオも面白そうだと思ったので入社することにしました。

給与制度

他のゲーム会社のことはわかりませんが、音楽制作会社と比べると給与水準は高かったです。技能者手当てが付くのが大きいと思います。昇給は年に1回です。

社内の雰囲気

それぞれの部署で意思疎通がしっかり取れているので部署ごとに良好な関係が築けています。

組織体制

ライターやプログラマーやデザイナーと同様にサウンドクリエイターはプロジェクトの一要員として組み込まれます。作業はプランナーからの仕様書に従って進めます。

勤務体制

制作状況によって残業は変動します。週に2時間程度しかない時もあれば10時間以上残業する時もあります。

福利厚生・社内設備

社会保険は完備されています。社内にはゲームや映像作品が置かれたライブラリがあり、社員は自由に利用することができます。

会社の良いと思う点

ゲーム開発において音楽制作は開発部門と区別されがちですが、ここは他の業種とも一体感があります。他の人の意見を聞きながらよりゲームに合ったものを作れるのは良いところですね。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

プランナーは音楽の専門家ではないので、プランナーの思い描くイメージが伝わりづらいことがあります。リテイクについても抽象的な指摘なので悩むことがありました。

退職理由

音楽制作を専門としている会社に転職したからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

個人的にゲーム開発は素晴らしい仕事だと思っています。ゲームのエンドロールに自分の名前が載っているのを見た時、なんとも形容しがたい感動がありますよ。

目次に戻る

記事番号65419:アニメーター

入社を希望した理由

特別なきっかけや理由があったわけではなく、ゲーム開発に興味を持った時に、未経験でも入れるのがこの会社のアルバイト枠だけだったので応募して入社しました。

給与制度

アルバイト時は時給1050円と高めでした。半年後に契約社員になった時は月給21万ほどになりました。正社員ではないので昇給はありません。その代わり契約社員でも技能者手当てが付きます。

社内の雰囲気

基本的には親切な人が多いですが、一部では自分のことしか考えてないような人もいて嫌な雰囲気のところもありました。

組織体制

私は研修のあとに一つのプロジェクトのデザインチームに配属されました。そこにはアニメーター(イラストを描く人)、モデラー(イラストをモデリングする人)、UIデザイナー、エフェクトデザイナーなどがいました。デザインチームでも役割を分担して専業的に作業をしているような体制です。

勤務体制

残業はかなり多いように感じました。特に契約社員になってからは割り振られる作業が正社員と変わらないので深夜手前まで残ることもありました。

福利厚生・社内設備

福利厚生として海外にあるスタジオに海外研修に行くことがあったのですが、実質海外旅行といった感じで楽しかったです。自社のスタジオを海外に持っているというのはメリットですね。

会社の良いと思う点

細かな仕様書があるので作業する上で困らないというところです。曖昧な仕様書だとディティールが伝わらずに混乱してしまうので。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

一部に身勝手な人がいるせいで他の人が割りを食うことがある点です。これは配属されるプロジェクトにもよると思いますが。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

アルバイトや契約社員の採用も積極的に行なっている会社です。未経験でも熱意を持っていればクリエイターになれるチャンスがあるので、少しでも興味がある人はエントリーしてみてはいかがでしょうか。

目次に戻る

記事番号78258:プログラマー

入社を希望した理由

CC2が開発していた.hackシリーズは自分の青春そのもので、ゲーム開発に興味を持ったきっかけでもあったので、どうしてもここで働きたいと入社を決めました。

給与制度

給与水準は市内にある他の会社よりも高かった(上から二番目)と思います。昇給は年に1回、人事考課の査定で決まります。基本給の他にスキルに応じた技能者手当てがあります。

社内の雰囲気

福岡本社は人も多いので一概には言えませんが、私が配属された部署は年齢も近しい人が多かったので雰囲気は良かったです。

組織体制

一般的なゲーム開発体制だと思います。プロジェクトの中心にプランナーがいて、プログラマーやデザイナーはプランナーの仕様書に沿って作業を行なっていきます。

勤務体制

完全週休二日制で土日祝が休みですが、平日の残業と休日出勤はそれなりにあります。特にプロジェクトが終盤に差し掛かると途端に忙しくなるので平日は22時退社も当たり前になってきます。

福利厚生・社内設備

各種保険は完備されています。福岡本社の他にも東京スタジオ、モントリオールスタジオがあり、技術研修のための交流があります。

会社の良いと思う点

それぞれの役割分担が明確で自分の役割に特化して成長いけるのが良いと思いました。この業界において一つの分野に長けているのは長所だと思うので、スキルアップの意味でも良い部分だと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

自社IPの開発力が乏しいため、常にプロジェクトにはパブリッシャーの意見が介入するところです。最初から仕様書に織り込まれている分には問題ないですが、急に意見が変わって仕様変更されるとキツいです。

退職理由

現在も勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

色んなジャンルのゲームを作っている会社なのでどの業種でも多くの経験を積めると思います。自分のスキルを高めたり基本的な技術を身につけるには良い環境です。

目次に戻る

記事番号81526:デザイナー

入社を希望した理由

学生時に東京スタジオへアルバイト社員として入社しました。学生アルバイトでもデザイナーの実務に携われるということだったので、めずらしいと思って入社しました。

給与制度

東京スタジオの時給は1100円とかなり高かったように思います。2年働いて昇給はありませんでしたし、手当もありませんでしたが、時給が高かったので不満はありませんでした。

社内の雰囲気

新卒組、中途組、アルバイトという壁はなくて、だれでも開発の中心になれるような雰囲気の社内でした。女性社員も結構いて役職に就いている人もいたので、性差はなかったと思います。

組織体制

開発を行う拠点が国内外3箇所あります。主要開発スタジオは東京にあり、海外拠点としてモントリオールスタジオがあります。本社は福岡にあって経営や営業等の本社機能はここにあります。

勤務体制

アルバイト社員でも可能な限り残業してほしいというスタンスでした。学生なので対応できる時間は限られていましたが、授業などがない日は残業を含めて1日会社にいるようなこともありました。

福利厚生・社内設備

アルバイトだったので福利厚生は関係ありませんでしたが、時々会社の飲み会には無料で参加できました。オフィスは綺麗で快適でしたし、パソコンやソフトなどの開発設備も充実していました。

会社の良いと思う点

面倒見の良い先輩が多かったことです。私はデザイン系の学校に通っていたのでスキルはありましたが、実務は未経験だったので右も左もわからない状況でした。先輩たちは私のスキルを見極めて適切な指示とアドバイスをくれました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

やはり土日に働けないというのは辛かったです。学校が休みの土日こそ働きたかったですが、休日出勤扱いになるので2年で数回しか土日に働くことはなかったです。

退職理由

平日週3でアルバイトに入るのが厳しくなったのと、学校も忙しい時期に入ったので退職しました

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

開発にも教育にも熱心な人が多かったように思います。社員の長期在籍率も高いですし、正社員は長く働きやすい環境なんだと思います。

目次に戻る

記事番号36096:グラフィックデザイナー

入社を希望した理由

前職でコンシューマーゲームの開発に携わっていた経験を活かした仕事がしたいと思っていて、この会社のクリエイター募集を見て応募したのが入社のきっかけです。

給与制度

給与水準は高いです。基本給は入社時固定で23万ですが、そこにプラスで技能給が付きます。技能給はこれまでの経験と入社時試験の結果とスキル評価によって決まります。

社内の雰囲気

積極的な社員が多くて、開発現場は活気に溢れています。良い意味でキャリアアップ意識が高い人が多いので、プロジェクトの時は意欲的に意見する人が多いです。

組織体制

福岡本社を含めた3箇所の拠点があって、主な開発は東京スタジオで行なっています。福岡本社でも一部の開発は行なっていますし、カナダ・モントリオールにも海外拠点としてスタジオがあります。

勤務体制

基本的に残業はありますが、毎週水曜日は定時退社日と会社が指定しているので定時で帰りやすかったです。スケジュールが詰まってくると休日出勤になることがありました。

福利厚生・社内設備

福利厚生と言えば有給休暇くらいしかありません。ただ有給はかなり取りやすく、休みを取りたい直前に相談しても基本的にOKしてもらえます。自分の作業はきちんと終わらせる必要はありますが。

会社の良いと思う点

意欲的で活気的な雰囲気があるところです。開発に対する社員の意欲は総じて高いので、開発現場全体が活気づいています。自分の仕事にこだわりをもっている人が多いのも良いところです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

会社業績が好調な時でも昇給や賞与やインセンティブに反映されないところが不満でした。努力して作り上げた社員に対する労いの気持ちがあまり感じられなかったです。

退職理由

会社の体制変更で環境が大きく変わって仕事がしづらくなったので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

給与は高くて休みも取りやすいです。一方で福利厚生がほとんどなくて、ゲームが売れても昇給やインセンティブとして社員に還元されることはほとんどありません。

目次に戻る

記事番号47922:デザイナー

入社を希望した理由

様々な大手企業とタイアップしている会社だったので、大手のコンテンツの開発にも携われると思ったのが理由です。大手とタイアップ出来るという事は、それだけ技術が認められているのだと思いました。

給与制度

この会社の給与制度は基本給+技能給という形になっています。技能給は個々の能力によって金額が変わり、社内評価で能力が認められたら技能給が上がっていきます。

社内の雰囲気

私が働いている部署は優しい先輩上司が多くて、未経験の状態から実務レベルまで丁寧に指導してもらえました。教育に関してはしっかりしていると思います。

組織体制

開発部門は福岡本社と東京スタジオに分かれています。開発の中核を担うのは福岡本社になりますが、東京スタジオ単体でもゲーム開発を行っています。

勤務体制

残業は月平均で40時間前後かなと思います。プロジェクトの内容によって差があるので、ものによっては月20時間くらいの残業に収まる事もあります。

福利厚生・社内設備

社会保険や定期健康診断はあります。交通費支給など一般的なものはありますが、逆に言えば一般的なものくらいしかありません。オフィスは大変綺麗で過ごしやすい職場になっています。

会社の良いと思う点

実質二つの開発組織を持っているのでサイクルが早く、フットワークの軽さを活かして様々な企業とタイアップ出来ている所が良いと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

社長をはじめとした上層部の意見が強くて、時に開発現場を混乱させる事もあります。そのせいで下の人間の作業負担が増えて割を食う事がたまにあります。

退職理由

(退職していないので質問をパスでお願いします)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ゲームクリエイターになりたいけど専門学校で学んだわけでもないし特別なスキルもない。そういう人でも未経験アルバイトの募集をしているので、気軽に応募出来ると思います。

目次に戻る

記事番号30829:グラフィッカー

入社を希望した理由

グラフィックやモーションのスキルを磨きたいと思っていたので、アクション性の強いゲームを多く開発しているこの会社を選びました。

給与制度

一人一人の能力に応じた技能給というものがあるのですが、これが人によってマチマチです。なのでこの技能給によって平均より水準が高くなったり低くなったりします。

社内の雰囲気

若手社員は熱意が高くて色んなものを吸収しようと意欲的でした。中堅以上の社員は後輩の育成に熱心で、全体的に良い関係が築けていたように思います。

組織体制

本社が福岡にあって会社組織のほとんどが福岡本社に集約されています。開発は東京にあるスタジオでも行なっていて、東京スタジオ専属でクリエイターを雇う事もあります。

勤務体制

プロジェクト達成後の閑散期以外はいつも残業が発生している状態です。一人の仕事量が多いので定時では仕事が終われません。一方で有給等休みは取りやすいです。

福利厚生・社内設備

会社としては教育制度に力を入れているのをアピールしています。入社後、1,2ヶ月は福岡本社での徹底的な研修がありますし、入社後も定期的に海外研修が用意されています。

会社の良いと思う点

グラフィック系の技術が高いので、実務をこなしているだけで自然と高いレベルの技術力を得る事が出来ます。この会社の強みと言った方がいいかもしれません。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

グラフィック周りは優秀なのに、ゲームデザインやシナリオ部分に問題がある事が多いです。この会社が開発した製品のレビューを見たらわかる通り、この辺りの問題のせいで評価が下がっています。

退職理由

キャリアアップのために大手企業に転職したのが理由です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

教育熱心な企業なので入社して得られるものは相当多いと思います。ある程度経験を積むとこの会社での仕事に満足できない、物足りないと感じてしまう事があると思います。

目次に戻る

記事番号94855:コンセプトアーティスト

入社を希望した理由

ゲーム開発に興味を持つ前からCC2が開発した.hack//G.U.のコアユーザーで、RPGやアクションゲームにおいて高い完成度のものを作れる会社だと知っていたので入社したいと思いました。

給与制度

入社した時の給与は少し高めの水準だったように思います。ただし昇給制度に曖昧な部分があって、評価されるような仕事をしたのに全然上がらなかったという事がありました。

社内の雰囲気

私が在籍していた東京スタジオは外国人社員が多かったのもあって、上下関係が少なくて意見しやすい雰囲気がありました。ガツガツ意見が言える人が重宝されていたように思います。

組織体制

開発は福岡と東京の二つのオフィスで行なっています。福岡と東京で作業分担しているわけではなく、二つのスタジオで別々の開発作業が行われているような形になっています。

勤務体制

私はそれほど残業がキツかった覚えはないですが、残業が多い人は本当に多かったです。クリエイターで言えばプログラマーが断トツで残業していたのではないかと思います。

福利厚生・社内設備

この規模の会社の割には福利厚生があまりだった気がします。ただ教育に関してはかなり優れていました。この会社ではインターンシップやアルバイトから正社員登用する事も多く、スキルのない人でも実務経験がこなせるよう教育プログラムがしっかりしていました。

会社の良いと思う点

未経験者、アルバイト、インターンシップ生でも、クリエイターとして働いていける所です。少しでも開発に興味がある人はウェルカムという気持ちで、教育していこうという意識が高いです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

上層部のこだわりが強くて、開発途中でパブリッシャーと揉めてプロジェクト中断というむちゃくちゃな事がありました。そんなので経営は大丈夫かと不安になりました。

退職理由

この会社で学べるものは多かったのですが、もう一歩踏み込んだ仕事がしたいと思うようになり、大手ゲーム会社で自分の力を試してみようと思って退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

未経験者ほどこの会社で学べる事は多いような気がします。ある程度スキルを積んできた人は技能給が高く付くので有利です。

目次に戻る

記事番号81526:デザイナー

入社を希望した理由

学生時に東京スタジオへアルバイト社員として入社しました。学生アルバイトでもデザイナーの実務に携われるということだったので、めずらしいと思って入社しました。

給与制度

東京スタジオの時給は1100円とかなり高かったように思います。2年働いて昇給はありませんでしたし、手当もありませんでしたが、時給が高かったので不満はありませんでした。

社内の雰囲気

新卒組、中途組、アルバイトという壁はなくて、だれでも開発の中心になれるような雰囲気の社内でした。女性社員も結構いて役職に就いている人もいたので、性差はなかったと思います。

組織体制

開発を行う拠点が国内外3箇所あります。主要開発スタジオは東京にあり、海外拠点としてモントリオールスタジオがあります。本社は福岡にあって経営や営業等の本社機能はここにあります。

勤務体制

アルバイト社員でも可能な限り残業してほしいというスタンスでした。学生なので対応できる時間は限られていましたが、授業などがない日は残業を含めて1日会社にいるようなこともありました。

福利厚生・社内設備

アルバイトだったので福利厚生は関係ありませんでしたが、時々会社の飲み会には無料で参加できました。オフィスは綺麗で快適でしたし、パソコンやソフトなどの開発設備も充実していました。

会社の良いと思う点

面倒見の良い先輩が多かったことです。私はデザイン系の学校に通っていたのでスキルはありましたが、実務は未経験だったので右も左もわからない状況でした。先輩たちは私のスキルを見極めて適切な指示とアドバイスをくれました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

やはり土日に働けないというのは辛かったです。学校が休みの土日こそ働きたかったですが、休日出勤扱いになるので2年で数回しか土日に働くことはなかったです。

退職理由

平日週3でアルバイトに入るのが厳しくなったのと、学校も忙しい時期に入ったので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

開発にも教育にも熱心な人が多かったように思います。社員の長期在籍率も高いですし、正社員は長く働きやすい環境なんだと思います。

目次に戻る

ゲーム会社の口コミ募集中

ゲーム会社の口コミ・レビューを募集しています。投稿頂いた方には謝礼をお送りさせていただいておりますので、ご興味ある方はこちらをご覧ください。

-口コミ
-

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved.