口コミ

株式会社Cygamesの口コミ

Cygames

目次

コメント

株式会社Cygamesの口コミを掲載。

記事番号69434:3DCGデザイナー

入社を希望した理由

サイゲームスがPSなどハイエンド家庭用ゲームの参入するということで求人募集を行なっており、それまで家庭用ゲームの開発に携わっていたのでチャンスだと思い入社を決めました。

給与制度

給与は年俸制になっています。年俸額には毎月80時間分の固定残業手当が含まれているので別で残業手当は出ません。年俸額とは別に半年毎に定期賞与があります。

社内の雰囲気

サイゲームスは色んな会社を経験してきたキャリア採用の人が多いです。とにかく多種多様な人がいますが、仕事に対する熱意が強い人ばかりだった印象です。

組織体制

ほとんどのモバイルゲームは本社スタジオ内にある開発チームで作られています。一部のデザインはグループ会社に、デバッグ作業は佐賀にあるスタジオに割り振られています。また、本社スタジオとは完全別稼働で大阪に家庭用ゲームを作るためのスタジオがあります。

勤務体制

モバイルゲームを作っている会社はどこも似たようなものですが残業は多かったです。そもそも月80時間分という多すぎる固定残業手当が給与に含まれている時点でおかしいですし、これを超えることはなくても近しい時間残業になったことはあります。

福利厚生・社内設備

福利厚生は通勤手当、引っ越し手当、家賃補助、子供手当などがありました。社内設備はかなり優れたものがあり、オフィス内にモーションキャプチャースタジオ、録音・撮影ブースなどがありました。

会社の良いと思う点

色んな設備を積極的に導入してコンテンツのクオリティを高めるための投資をしているところです。開発環境の面ではどの会社よりも気を遣っていて、社員やコンテンツのことを第一に考えた環境作りがされていました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

家庭用ゲームの開発に会社がどれだけ力を入れようとしているのか不透明でした。プロジェクトの進みが遅い上にチームの規模も大きくならず、力を入れているのか入れていないのかよくわかりませんでした。

退職理由

私が働いている間に家庭用ゲームが一つもリリースされず、自分が思っていたような仕事ができないと感じたので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

未知の分野である家庭用ゲームに関しては苦戦している印象です。プロジェクトもいくつか立ち上がっていますが進みが悪く、会社としても経験不足を実感して手を焼いているような感じです。

目次に戻る

記事番号85680:アニメーター

入社を希望した理由

モバイルゲームの分野で質の高いアニメーションを導入したコンテンツを生み出している会社だったからです。家庭用ゲームのアニメーション制作に携わっていた身としては、モバイルゲームの分野でもアニメーション製作に携わりたいと思いました。

給与制度

大手の会社で働いていた時よりも給与水準が高かったです。一点だけ不満な点で言えばみなし残業制になっていて、残業手当が固定で給与に含まれているところです。その分が大きいので額面上の給与額が大きく見えます。

社内の雰囲気

社内は比較的若い社員が多くて活気があります。上下関係はかなり厳しい方で、役職に就いていない下の人間はあまり発言できるような環境ではありません。

組織体制

国内外に複数のスタジオを持っています。国内では本社スタジオと大阪スタジオに開発チーム、佐賀スタジオにデザインチーム、佐賀デバッグセンターにデバッグチームが置かれています。また、海外展開のため、台湾と韓国にそれぞれスタジオがあります。

勤務体制

勤務時間は10時〜19時の固定勤務制です。残業は常にある状態でしたし休日出勤になることもたまにありました。モバイルゲームの開発チームにいると、コンテンツのアップデート等のスケジュールに合わせて時間外勤務が増減します。

福利厚生・社内設備

本社スタジオ内に国内最大規模のモーションキャプチャースタジオがあります。また、録音スタジオも併設されていて、音声の収録を自社オフィス内で完結できるようになっています。

会社の良いと思う点

最高のコンテンツを作るという目標のために社員も会社も努力しているところです。社員が最高のパフォーマンスができるよう、会社は環境作りに一切の妥協をせずモーションキャプチャー設備や録音スタジオを作ったりしています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

仕事以外の部分を充実させられないところです。ライフワークバランスが優れている会社とは言えないので、家庭との両立を図るのが難しいところが残念です。

退職理由

家庭との両立を図れないと感じることが多くなったので、ライフワークバランスが考慮された会社で働こうと思いました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

若手の内にこの会社で実務経験に携われると貴重な経験ができると思います。家庭を持って子供を育てるような年齢になってくると、少しこの会社の勤務体制はきついと感じるかもしれません。

目次に戻る

記事番号95620:アニメーター

入社を希望した理由

大阪にCygamesの開発スタジオができると聞いて入社したいと思いました。Cygamesといえばモバイルゲームの分野でトップを走る先進的な企業ですし、給与や待遇もその時に働いていた会社よりよかったからです。

給与制度

給与額は前の会社より年収50万ほど上がりました。3年経って何度か昇給がありましたが、昇給金額も割と高い方だと思います。キャリア採用の人は給与水準がバラバラです。

社内の雰囲気

上下関係がしっかりとある体育会系の会社です。大阪スタジオは設立からそれほど時間が経っていないので体育会系の気質は薄く、小規模の開発組織なので仲の良いチームになっていると思います。

組織体制

現在稼働している多くのゲームは東京本社スタジオで作られています。この中にはコンテンツ毎に開発・運営チームがあります。大阪と佐賀にも開発スタジオがあり、さらに佐賀には自社コンテンツのデバッグ作業を集約したデバッグセンターがあります。

勤務体制

残業は30時間前後は常にあります。人によっては平均40時間を超えているような人もいます。本社でモバイルゲームの開発を担当している人はアップデートなどもあるので残業はもっと多いかもしれません。

福利厚生・社内設備

会社の近くに住んでいる人に限り家賃補助が出ます。5年以上勤続するとどこに住んでても家賃補助が出て、さらに2万円補助が上がります。飲み会やクラブ活動の費用を会社が一部出してくれる制度があります。

会社の良いと思う点

挑戦的なゲーム開発を続ける姿勢が良いと思います。ジャンルにしろ機種の多様化にしろ、既存のコンテンツから離れたところで新しい挑戦をしようという意識が高い会社です。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

大阪スタジオは本社と比べると設備や人材の部分が充実しておらず、家庭用ゲームの開発というプロジェクトも思っているより進んでいません。そういう部分を会社がどう考えているのかわからず不安に思うことがあります。

退職理由

退職していないのでパスでお願いします。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

この会社に入社するのであればモバイルゲームの開発を行なっている東京本社で入社した方が断然良いと思います。大阪で働きたいと思うのであれば、別の会社でも良いのではと思います。

目次に戻る

記事番号23815:3DCGデザイナー

入社を希望した理由

大手ゲーム会社と並ぶほどの待遇と環境がある会社だったからです。コンテンツの業績も好調をずっと続けていますし、新しいチャレンジにも積極的だったので入社しようと思いました。

給与制度

給与水準はモバイルゲーム会社の中では高い方だと思います。任天堂やバンナムなど最大手のゲーム会社と比べると少し劣るかもしれませんが、この規模の会社の中では全体的に高いと思います。

社内の雰囲気

会社のコンセプト通りコンテンツのクオリティにかける思いが強く、より高いレベルのものを作るために努力している人ばかりです。努力できない人はやっていけない職場だと思います。

組織体制

本社スタジオに開発部門のほとんどがあります。また、家庭用ゲームの開発を目的とした大阪スタジオ、佐賀デバッグスタジオなどがあり、複数のスタジオで複数のチームが稼働しています。

勤務体制

10時〜19時が勤務時間ですが大体帰るのは毎日21時前後です。プロジェクトが常に稼働している状態なので落ち着いている期間がなく、一人の作業量が常に多いような状態です。

福利厚生・社内設備

オフィスから近いところに住んでいる人には家賃手当が一律3万円が支給されます。また、オフィスの近くに引っ越す場合は会社から一律15万円の引っ越し手当が出ました。

会社の良いと思う点

どのプロジェクトも目標意識が高いので一つ一つの作業に高いクオリティが求められます。そういう作業をこなすことでスキルアップできますし、妥協しないコンテンツ作りの意識が学べると思いました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

労働時間が長すぎることです。残業がない日の方が少なくてどれだけ作業が順調に終わっても雑務などで1時間は残業することになるので、平日はほとんどプライベートの時間を持てません。

退職理由

退職していないのでパスでお願いします。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

プライベートとの両立は難しいので、その点は入社前に知っておいてほしいです。この会社で働いている人は仕事が趣味で、仕事のために生きているような人ばかりです。

目次に戻る

記事番号78136:プログラマー

入社を希望した理由

前に働いていた会社ではコンシューマーゲームの開発に携わっていて、その時に経験できなかったモバイルゲームの開発に関わってみたいと思ったので、セルランでも上位をいくつも取っている優秀なこの会社に入社しようと思いました。

給与制度

給与水準は前の会社よりも高くて月2万ほど上がりました。昇給制度が柔軟で2年目以降の昇給もしやすかったです。上司と良い関係を築けていると給与は上がりやすいと感じました。

社内の雰囲気

部署によって多少は違ってくるものの、全体的に体育会系の職場で上の人の意見が強い傾向があります。若手はあまりアイデアを出しやすい環境ではありません。

組織体制

社内にはゲーム事業の他に出版事業も行なっていて、ゲーム事業部とは別で出版事業部があります。ゲーム事業の方はモバイルゲーム部門とコンシューマー部門があって、チームに分かれてプロジェクトを進めています。

勤務体制

月に30時間から40時間くらいが平均的な残業時間になるかと思います。プログラマーはバグ修正やアプデ対応が頻繁にあるので、時期を問わず常に残業が多いです。

福利厚生・社内設備

福利厚生の中ではインセンティブ制度が充実していました。半期に1回のペースで上司による面談があって、前半期で設定した個人目標の達成度合いに応じてインセンティブが支給されます。また、月1回のペースで最も業績が良かったプロジェクトのチームにインセンティブが支給されます。

会社の良いと思う点

常に意欲的に新しいコンテンツの開発に取り組んでいるところが良いと思います。自分たちの技術をもっと高めようと研修制度や社内セミナーなんかも盛んですし、社内にモーションキャプチャースタジオを置いたり設備面の投資もしています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

体育会系の組織なので人を選ぶ会社ということです。実際に合わなくて短期退職する人も一定数は常にいて、その原因が会社体質にあると気づいているにも関わらず改善しようという努力が見られません。

退職理由

ある程度この会社で実務に携わり、目標としていたモバイルゲームの開発経験が得られたので退職しました。他にも目標があったので、目標のために別の会社へ転職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

給与水準もそれなりにあって福利厚生等の待遇も本当に良い会社です。しかし、体育会系の会社なので合わない人も多く、離職率も結構高かったと思います。

目次に戻る

記事番号34946:プログラマー

入社を希望した理由

ソーシャルゲームの開発しか経験がなくて、CSやPCゲームの開発に携わりたいと思って転職活動をしている際に、この会社のCSプロジェクトに興味を持ち入社しました。

給与制度

給与水準は比較的高い部類だと思います。ただし人によって差が大きく、明確な経歴やスキルがないと高い評価が貰えず、給与水準は高くなりにくい傾向があります。これは社内の評価基準に問題があるからだと思います。

社内の雰囲気

社内は活気に溢れていました。能力の高い開発スタッフが多く、それぞれ辿ってきた経歴も得意分野も違うので、開発作業では色んな方向から意見が飛び交います。

組織体制

100人以上の体制で開発が行われており、その中でプロジェクト毎に作業者が分けられています。一つのプロジェクトにかける人員もソーシャルゲームの中では多い方だと思います。

勤務体制

勤務時間は月〜金の10時から19時までですが、残業が多くこの通りで帰れることはほぼありませんでした。土日の休日出勤は基本はありませんが、忙しい時期にはスタッフで交代しながら休日出勤することもありました。

福利厚生・社内設備

福利厚生や社内設備は恵まれている方だと思います。福利厚生で言えばスキルアップセミナーの実施など研修制度が豊富で、実務以外でもスキルを伸ばすことができます。

会社の良いと思う点

自社コンテンツを大切にしているので、ゲームに捉われず様々なメディアミックスを通じて業種を拡大させているのは良いところです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

停滞しているプロジェクトを進めようという気が社内で感じられないところがダメだと思います。誰もがこれだけ停滞しているのはおかしいと感じているはずなのに、それを正そうと意見する人もいませんでした。

退職理由

これまで働いてきた中で、この会社での自分の役目は終わったかなと感じたからです。このまま既存のプロジェクトのスタッフとして残っても成長はないですし、かと言って新しいプロジェクトも進まないので、それなら別の会社で違う仕事をしようと思いました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

一時期はかなり勢いがあった会社ですが最近では少し落ち着いているように感じます。プロジェクトもほとんど稼働していないものも多く、率直に言えば私はこの会社の将来に少し不安を感じました。

目次に戻る

記事番号89637:プログラマー

入社を希望した理由

既存タイトルのプロジェクトメンバーを募集していたので応募しました。この会社を選んだのは募集していたゲームタイトルが好みだったからです。

給与制度

給与制度は年俸制というかたちを取っていますが、実際には年俸額を12分割した金額が毎月の給与として支払われます。この中に職務手当てなどが含まれていますが、通勤手当など年俸に含まれていない分の諸手当は毎月の給与にプラスされて支払われます。

社内の雰囲気

仲良しで和気あいあいとした会社とは言えません。仕事に対してのモチベーションは高いですが、協調性は全体的にあまりないように感じます。それぞれが個人プレーで仕事をしているようなイメージでした。

組織体制

プロジェクト毎に開発チームが組織されています。その中で職種毎の班が作られていて、チーフを中心に作業の割り振りや進捗が行われています。

勤務体制

残業と休日出勤は多い会社です。休日出勤は月に1回程度ですが忙しい時はもっと増えます。時期によってはないこともありますが、基本は残業と休日出勤はあると考えた方がいいでしょう。

福利厚生・社内設備

福利厚生・社内設備ともに充実しています。福利厚生は仕事に関する以外の面も豊富ですし、社内設備に関してはモーションキャプチャースタジオなどの特殊設備が揃っています。

会社の良いと思う点

新しい挑戦に対するモチベーションの高さが良いところです。開発スタッフの意見を会社側が汲み取る姿勢があり、モーションキャプチャーなど設備の導入だとも積極的です。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

開発を指揮できる人が限られているのに、いくつものプロジェクトを並行して立ち上げるので、内部はパンク状態に陥っています。下の人間をもっと育てた方が良いと思いました。

退職理由

入社してから新しいコンテンツの初期開発に携わることを希望しましたが、そのコンテンツの開発が思うように進まず、このまま残っても自分のためにならないと思ったので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

既存タイトルに関しては安定した開発と売上ができてますが、新しいコンテンツに関しては開発がかなり停滞しています。そういうところが気になるのであれば、入社はお勧めできません。

目次に戻る

記事番号77922:プログラマー

入社を希望した理由

TGSに参加した時に社員の人と話す機会があり、開発に対する熱意が強くて興味を持ちました。前の会社を退職する際にこの時のことを覚えていて、転職することに決めました。

給与制度

入社時の給与水準はスキルによって決まります。入社後の昇給は半期ごとの上司との面談で定められた個人目標や全体目標の達成度や仕事の評価によって決まります。

社内の雰囲気

ゲーム開発に対するモチベーションが高い職場です。仕事に対して熱意を持った人が多いので、意見が対立して険悪な雰囲気になることも多々ありました。

組織体制

基本は他の会社と同じようにプロジェクトチーム毎に開発を行うような体制になっていますが、モーションキャプチャーなど特殊な作業はチームをまたいで作業しています。

勤務体制

会社としては基本的に10時から19時までの固定勤務制を採用していますが、開発スタッフはその体制では厳しいこともあり、人によってはシフト制で作業することもあります。

福利厚生・社内設備

一般的な福利厚生は全て整っています。通勤手当や家賃補助などもあって、当然ですが年俸とは別で毎月手当てとして支払われます。

会社の良いと思う点

会社全体で仕事に対して熱意があるのは良いところです。いわゆる意識高い系の会社になりますが、それぞれが仕事に対して高いモチベーションを維持できているのは良いことだと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

社員の熱量はすごいのですが、それを会社が上手く活かせていないのか、開発が思うように進んでいないところがあります。社員数とそれぞれのリソースを考えても、稼働しているプロジェクトが多すぎるのかもしれません。

退職理由

私が携わっていたプロジェクトがひと段落したので別の会社に転職しました。同じような仕事を続けても意味がないので、もっと成長できる場所に移ろうと思ったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ゲーム開発に情熱を持っている人には合っていると思います。何となく仕事してそれなりの給料を貰いたいのであれば、別にもっと良い会社があると思います。

目次に戻る

記事番号74611:イラストレーター

入社を希望した理由

入社を決めたのはイラストの作風と自分の絵柄がマッチしていて、経験やスキルを活かして働ける会社だと思ったからです。

給与制度

中途採用者が多いこともあって給与水準の差はかなり大きいです。大手で働いていた経歴や大きいコンテンツに携わっていた経験がある人ほど評価されて、給与水準は高くなる傾向があります。

社内の雰囲気

どちらかと言えば上下関係が厳しい会社に思いました。体育会系の人が多い印象で、下の人間はとにかく上の指示に従うだけという印象が強かったです。

組織体制

組織体制は他の会社と大差ありません。他と違うところで言えば、作業の一部を関連会社に発注していて、同じデザイン分野でも内製部分と外製部分に細かく分かれています。

勤務体制

勤務体制は10時〜19時の固定勤務制です。個人に割り振られる仕事量や進捗によって残業は発生しますが、残業も休日出勤も個人の判断で行うようなかたちで指示されることはありません。

福利厚生・社内設備

福利厚生の制度自体はたくさんあって不満はなかったです。手当ても多いかったですし、研修制度も充実していました。また、定期的にチームや個人を評価する制度もありました。

会社の良いと思う点

開発力が高いところです。イチから複数のコンテンツ開発を行なってきた実績がありますし、安定したゲームプランニングと、それに応えられるだけの開発スタッフがいるのが利点です。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

イラストレーターの個性を発揮する場が少ないところです。コンテンツ的に仕方ないのかもしれませんが、絵柄の統一性を出すことに注視されがちで、デザイン面で満足する仕事はできませんでした。

退職理由

上から指示された作業を淡々とこなすだけで、伸び伸びと働くのが難しいと感じたからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ここでイラストを描きたいと言う人なら、この会社が出しているコンテンツの特性を良く見てから決めてください。自分が描きたいもの、自分のスキルときちんと合っているかを考えてから入社してください。

目次に戻る

記事番号26296:イラストレーター

入社を希望した理由

これまでの会社では既存のタイトルを発展させる仕事ばかりしていましたが、この会社ではイチからコアメンバーとして新しいタイトルを作り出せるというメリットがあったので入社しました。

給与制度

給料は年俸で支払われるようになっています。昇給は建前上は絶対的な仕事評価主義になっていますが、実際は勤続年数やこれまでの経歴が大きく関わってきます。

社内の雰囲気

私の場合は下の人ほど不満を持っていたように思います。ある程度上に立つとワンマンプレーができるようになりますが、そのせいで下の人間はストレスを感じることが多かったです。

組織体制

開発スタッフはプロジェクトチームを組んで作業を行なっています。バックオフィスのように明確な部署分けはなく、開発部の中のそれぞれのチームの所属というかたちで作業しています。そのため、結構流動的に配属が変わることがあります。

勤務体制

残業は人によりけりだったと思います。というのも個人の作業量がマチマチなので、残業や休日出勤しなくても対応できる人もいましたし、その反対の人もいました。

福利厚生・社内設備

福利厚生は大体なんでも揃っていたように思います。プロジェクトの売上が良ければ特別インセンティブなどで還元されることはありましたが、その他の手当て制度はそれほど多くなかったように思います。

会社の良いと思う点

コンテンツのクオリティが高く、仕事をこなしているだけでスキルが身に付くのは間違いありません。研修などを有効的に活用すれば、技術はどんどん上がっていきます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

上記のような反面、要求される仕事内容に対して報酬面ではそれほど良かったとは言えません。そのため、ここでスキルアップして他社へ転職する人が多かったです。

退職理由

同じところで5年も働いて、これ以上ここで働いても成長が止まるだけだと思ったからです。新しい環境で自分の力で新しい仕事に挑戦したいと思いました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

スキルが磨ける会社なので転職することで良い経験ができると思います。ただし、ここで上までのし上がっていこうというのは難しいかもしれません。

目次に戻る

記事番号27719:モーションキャプチャー

入社を希望した理由

大手IT企業の傘下にある会社でコンテンツのクオリティも高く、事前に調べている感じでは給与水準や福利厚生などの待遇も良かったので入社しました。

給与制度

事前に調べていると給与水準は業界内でも高めだったのですが、これは他社で経験を積んだクリエイターを高待遇で引き抜いているのが原因でした。中途採用の場合、個々のスキルや経験を考慮して給与額が決められますが、水準は個々によって本当にマチマチです。

社内の雰囲気

社内はどこも活気がありました。上下関係は厳しかったですが年齢は関係なく、実力があれば若手でも上に立てたのでモチベーションは高かったです。

組織体制

東京にある本社でほとんどのゲーム開発が行われています。一部は大阪の開発センターやグループ会社に割り振られていました。また、佐賀にはデバッグセンターがあり、専門のスタッフがそちらで作業していました。

勤務体制

月から金の10時〜19時が勤務時間になっています。残業は人によりけりですが、私は平均的に30時間くらいは毎月残業していたように思います。

福利厚生・社内設備

福利厚生はかなり良いです。家賃補助や家族手当など金銭的なサポート制度も整っていましたし、スキルアップのためのセミナーや研修もありました。

会社の良いと思う点

全体的に待遇が良いので、そういうところから会社への不満に発展することが少なかったです。仕事は大変ですが待遇が良いので頑張ろうという気持ちにもなり、モチベーションを落とさずに仕事ができていました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

悪いというより改善した方が良い点としては、定期的に職種毎の勉強会やセミナー参加を強制した方が良いと思います。せっかく研修等の制度があるのに、仕事が忙しくて全く活かせていませんでした。

退職理由

会社に不満があったわけではなく、単純に社内の雰囲気や人の雰囲気が肌に合わなかったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

私は合わなくて退職しましたが、ゲーム会社としての総合点はとても高い会社だと思います。待遇も仕事内容も良いですし、自分の実力を試せるような場でもあると思います。

目次に戻る

記事番号95443:アニメーター

入社を希望した理由

ゲーム会社の内部にアニメーションチームがあるというところに魅力を感じました。アニメーターの仕事をしたいと考えていたので、ゲーム会社の待遇で理想の仕事ができる会社でした。

給与制度

給与制度は少し複雑で基本給や職務手当等を全て含めた年俸額が個別にあって、それを12で割った金額が毎月の給料として支払われます。この金額に毎月の時間外手当や福利厚生の手当(家賃補助等)がプラスされて手取りになります。

社内の雰囲気

私の仕事は社内でも特殊な位置にあったので自由度が高く、チームの仕事に対する意識が高かったように感じました。仕事もそこまで激務ではなかったです。

組織体制

どの職種の人もそうですが、クリエイター陣は各々がどこかのプロジェクトに配属されます。プロジェクトは時期によって数は変わりますが、平均して5つくらいのチームは常に稼働しているような状態でした。

勤務体制

残業・休日出勤は完全自由で、それぞれの仕事の状況に応じて自分で決めるようなかたちです。よほど進捗が遅れている場合などはチームリーダーやマネージャーから指示されることがありますが、頻度はかなり少なかったです。

福利厚生・社内設備

サイバーエージェント系の会社ということもあって、大手準拠の福利厚生が一通り揃っていました。マッサージルームやオフィス内図書館など社内設備も充実していました。

会社の良いと思う点

稼働しているプロジェクトが安定して開発・運営できているので、安定的に売り上げを出せている点です。こういうところはソーシャルゲームを扱う会社の強みだと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

ソーシャルゲームを開発・運営する会社としての強みがある一方で、新しいものを作ることに関しては他社大手と比べると劣っているように感じました。会社としても新しいものを作ろうと努力はしていたのですが、既存のものと並行して進めるのがうまく行っていない感じでした。

退職理由

同業他社で自分の仕事を活かせる場があり、そちらの方が待遇面でも仕事面でも優れていたので転職することにしました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

色んな職種の人が活躍できる会社です。自分の中でこの部分は自信を持てるという強みがあれば高く評価してもらえます。

目次に戻る

記事番号58420:アニメーター

入社を希望した理由

元々はゲーム内のアニメーション動画を作るような会社で働いていたのですが、昨今の内製化の流れで仕事が安定しないことがあったので、それなら内製化している会社で働こうと思い、コンテンツのクオリティが高いこの会社を選びました。

給与制度

給与水準はまずまず良い方です。私の場合は前の会社の水準が業界内でも低い方だったので、この会社に入社した時の水準はかなり上がりました。

社内の雰囲気

基本的に常に開発と運営が稼働しっぱなしなので激務でピリついています。上と下の意思疎通があまり良好ではなく、下の人間は不満を持っている人が多かったイメージです。

組織体制

組織体制は他のゲーム会社と同じで、いわゆるプロジェクト体制が取られています。コンテンツ毎に専属のチームがあり、その中で開発と運営が行われていました。

勤務体制

残業は月に30時間〜50時間の間でありました。40時間を超えることはほとんどありませんが、たまに色んな仕事が重なるとそういうこともありました。月30時間くらいは普通で、一日2時間前後は毎日残業でした。

福利厚生・社内設備

福利厚生の良いところは家賃補助や特別インセンティブなどお金の面で色んな制度が揃っていたところです。悪いところは研修制度がある一方で利用できる機会が激務のせいで少なかったところです。

会社の良いと思う点

仕事の大変さに見合うだけの待遇の良さはありました。会社としても業績は好調だったので、クリエイターが頑張った分はきちんと会社から報酬として還元されていました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

コンシューマーゲームへ参入するために何年も前からプロジェクトを立ち上げていましたが、クリエイターが他の仕事と掛け持ちしているせいで思うように稼働していないところです。本気で参入するのであれば専属のチームを作った方が良いと思います。

退職理由

他社のプロジェクトに魅力的なものがあり、そちらの方が自分のスキルを活かして働けると思ったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ゲーム会社はどこも激務ですが、この会社はその分きちんと報酬として返ってきます。良い仕事はきちんと評価してもらえるのでお勧めです。

目次に戻る

記事番号21065:プランナー

入社を希望した理由

将来性のある会社だったのが入社した理由です。プランナーとして経験を積み、将来的にはディレクターやプロデューサーとしてイチからゲームを立ち上げるのに参加したいと思っていたので、この会社は理想的な環境があると思いました。

給与制度

この会社は年俸制で給与の支払いを行っていて、年に2回の定期賞与以外の手当等が全て年俸額の中に含まれているかたちになっています。年に2回の定期賞与は会社業績に応じて支払われます。

社内の雰囲気

活気と勢いがある職場でした。新しい試みに対する積極性やゲームクオリティに対する熱意は高く、それぞれが自分の仕事にプライドを持っていたように思います。

組織体制

東京、大阪、佐賀の三つの拠点で開発が行われていました。東京本社に開発の中核があり、大阪は一部のリソースを分配されていて、佐賀では製品テストやデバッグ作業が行われていました。

勤務体制

東京も大阪も佐賀も10時〜19時が勤務時間になっています。残業は各自の判断に任せられていて、一応は月に何時間までに抑えるようにと通達されますが、それぞれの作業量によって個々で調整していました。

福利厚生・社内設備

福利厚生はスキルアップなどのサポート制度が充実していました。ただし会社側が必須にしている研修は入社時研修のみなので、自分から積極的に勉強会等に参加する必要がありました。

会社の良いと思う点

自分の場合はスキルを高く評価してもらえて、入社した当初から重要な仕事を多く任せてもらえたのが良かったです。勤続年数に関係なく現場の裁量で仕事の割り振りなどが行えるのは良いと思いました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

現状、会社の力量として次々に新しいコンテンツを出せる状況になく、自分が望んでいたようにディレクターになってイチから立ち上げに参加するということはできませんでした。

退職理由

悪いところで述べたように自分の望んだ仕事ができなかったのが主な理由です。たまたま他の会社で自分が望むような職種の空きがあったので、そちらで働くことにしました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

新しいものを作りたいという目標があるのであれば、この会社への転職はお勧めできません。そういうものを作りたいのなら、開発力のある大手に転職するべきだと思います。

目次に戻る

記事番号99689:プランナー

入社を希望した理由

ディレクターになりたくて入社しました。これまでプランナーとして開発に携わってきましたが、より自分の意見を反映できるディレクター職に就くことを目標としていたので、この会社はまだ若く年功序列に縛られないので目標を早く達成できると思いました。

給与制度

給与制度は年俸制になっています。入社時に経歴とスキルに応じた年俸額が設定されて、仕事の評価と勤続年数に応じて毎年、年俸額の増減が行われます。

社内の雰囲気

社内の雰囲気はその時に一緒に働いている人によって大きく変わるので何とも言えません。多種多様な人が働いているので、良い雰囲気のところも悪い雰囲気のところもありました。

組織体制

開発とそれ以外の部署に分かれていて、開発はそれぞれのチームが部署のような役割になっていました。作業者はどこかに配属になりますが、結構簡単にチームを変わることもできる環境でした。

勤務体制

どのプロジェクトに属していても基本的には残業が多くなります。社内で経験を積めば積むほど作業量は増えていくので、上に行くほど残業は多くなります

福利厚生・社内設備

ある程度のものは福利厚生も社内設備もありました。大手ほど優れているかどうかはわかりませんが、福利厚生に関しては不満に思ったことはありませんでした。社内設備には結構力を入れていたように思います。

会社の良いと思う点

ゲーム開発だけでなく、アニメや漫画など他業種への挑戦に積極的なところは良いと思います。将来的にはスクウェアエニックスのように出版業なども安定すれば、会社として成長すると思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

頑張っても上に行けないところです。というより開発のコアメンバーに当たる役職持ちが固定され過ぎていて、下の人間がそこに食い込む余裕が会社にはありませんでした。

退職理由

この会社でディレクターに上がって自分の思うようなものを作れるというビジョンが浮かばなかったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

プランナーとしてであれば転職はお勧めできません。プランナーであれば将来的にディレクターやプロデューサーへの昇格を目指すと思いますが、この会社の現状では難しいでしょう。

目次に戻る

記事番号42349:プランナー

入社を希望した理由

ディレクターになりたくて入社しました。これまでプランナーとして開発に携わってきましたが、より自分の意見を反映できるディレクター職に就くことを目標としていたので、この会社はまだ若く年功序列に縛られないので目標を早く達成できると思いました。

給与制度

給与制度は年俸制になっています。入社時に経歴とスキルに応じた年俸額が設定されて、仕事の評価と勤続年数に応じて毎年、年俸額の増減が行われます。

社内の雰囲気

社内の雰囲気はその時に一緒に働いている人によって大きく変わるので何とも言えません。多種多様な人が働いているので、良い雰囲気のところも悪い雰囲気のところもありました。

組織体制

開発とそれ以外の部署に分かれていて、開発はそれぞれのチームが部署のような役割になっていました。作業者はどこかに配属になりますが、結構簡単にチームを変わることもできる環境でした。

勤務体制

どのプロジェクトに属していても基本的には残業が多くなります。社内で経験を積めば積むほど作業量は増えていくので、上に行くほど残業は多くなります

福利厚生・社内設備

ある程度のものは福利厚生も社内設備もありました。大手ほど優れているかどうかはわかりませんが、福利厚生に関しては不満に思ったことはありませんでした。社内設備には結構力を入れていたように思います。

会社の良いと思う点

ゲーム開発だけでなく、アニメや漫画など他業種への挑戦に積極的なところは良いと思います。将来的にはスクウェアエニックスのように出版業なども安定すれば、会社として成長すると思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

頑張っても上に行けないところです。というより開発のコアメンバーに当たる役職持ちが固定され過ぎていて、下の人間がそこに食い込む余裕が会社にはありませんでした。

退職理由

この会社でディレクターに上がって自分の思うようなものを作れるというビジョンが浮かばなかったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

プランナーとしてであれば転職はお勧めできません。プランナーであれば将来的にディレクターやプロデューサーへの昇格を目指すと思いますが、この会社の現状では難しいでしょう。

目次に戻る

記事番号59957:モデラー

入社を希望した理由

会社の勢いに惹かれたのが入社した理由です。ソーシャルゲームの分野だけでなく、新しい分野へのチャレンジも積極的だったのが魅了的でした。

給与制度

私の場合は前の会社でも同じ仕事をしていたので評価が高く、入社時の給与水準は以前より上がりました。しかし、その後の昇給は渋くて思ったように評価されていなかった印象です。

社内の雰囲気

風通しはあまり良くなかったですし、下の者が意見しやすい職場でもありませんでした。とにかく与えられた作業を日々こなしていくような感じでした。

組織体制

基本は本社で開発作業が行われていて、一部の開発は大阪オフィスでも行われていました。デバッグは佐賀に専用センターを開設して、そちらで行われていました。

勤務体制

突発的な対応が必要になるプログラマーはシフトを組んだりして作業することもありましたが、そうじゃない職種の人は10時-19時が定時でした。

福利厚生・社内設備

福利厚生はそれなりに良かったように思います。研修やセミナーなども参加できましたが、仕事が忙しくて参加が難しいこともあり、全員がきちんと福利厚生を利用できる環境だったかというと決してそうではないと思います。

会社の良いと思う点

ソーシャルゲームの分野でヒット作を連発したにも関わらず、その安定に頼らず新しい分野に挑戦する向上心があるところはこの会社の良いところです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

風通しが良くないせいか、下の人間が育つ前に退職するところです。私自身もそうですがここでずっと働くよりも、ここで経験を積んで、それを活かして良い会社に転職しようという考えの人が多いです。

退職理由

上記のようにここでずっと働くことを考えられなかったからです。ここでは良い経験はできますが、ずっとここで働くよりもより良い待遇の他社で働く方が良いと感じました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ソーシャルゲームだけでなく最近ではコンシューマーゲームの開発にも着手していますので、幅広い経験が活かせる会社ではあると思います。

目次に戻る

記事番号31441:モデラー

入社を希望した理由

主にコンシューマーゲームのグラフィックを担当していたので、この会社が立ち上げたCSゲームプロジェクトに経歴が活かせると思いました。

給与制度

給与は年俸制でその中に諸手当が含まれているかたちになります。しかし、それとは別にインセンティブなどの手当制度が豊富で、総支給額で言えば高い部類に入ります。

社内の雰囲気

色んな性格の人がいて雰囲気も独特だったように思います。人に指示を出したりチームを率いる力を持っている人が少ないように感じました。

組織体制

組織体制に特に変わったところはなく、一般的なチームアップ体制で開発が行われていました。チームは大人数になるので、職種毎にグループ分けされていました。

勤務体制

自分の職種の場合は残業と休日出勤に偏りがありました。自分が担当している部分はどうしても時間がかかるところだったので、ある程度妥協しても開発中は残業が多く発生していました。

福利厚生・社内設備

大手サイバーエージェントのグループということもあって、福利厚生は大手ゲーム会社並みに優れていました。社内設備にもどんどん投資していて、オフィス環境も良かったです。

会社の良いと思う点

モーションキャプチャーの設備が整っているのは良いと思いました。この設備が活かせるように、3DCGの技術向上も会社全体で取り組まれていました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

稼働中のタイトルに固執せず新しいチャレンジを行うのは良いことだと思いますが、開発部のリソースを度外視でプロジェクトを立ち上げるのは悪いところだと思います。

退職理由

日々の仕事に体調を崩してしまい一時的に休職していたのですが、戻ってもこれまで通りの仕事はできないので、そのまま退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

職種によっても転職をお勧めできるかどうかが変わります。一応、給与や福利厚生は良いので、スキルアップのために転職してみるのも良いかと思います。

目次に戻る

記事番号94222:広報

入社を希望した理由

別のゲーム会社でマーケティングを担当していて、転職するにしても同じ分野の仕事に就きたいと思っていました。色んな会社を調べてみると、この会社のゲームや社風が一番力を活かせると思ったので入社しました。

給与制度

この会社では年俸制の給与制度が採用されています。年俸制だと給与水準はわかりにくいですが、月給換算すると年齢平均より高くなるので、水準は高い方だと思います。

社内の雰囲気

開発部は殺伐とした雰囲気でしたが、私がいた部署はどちらかと言えば和気あいあいと仕事をしていたように思います。他の部署の人と交流する機会も多く、色んな人と話ができる良い職場でした。

組織体制

会社の中心に開発部があって社員の8割がここで働いています。残りの2割ほどの社員が契約社員や派遣社員と一緒にバックオフィスで事務やら広報やらの仕事をしていました。

勤務体制

10時〜19時が定時なので働きやすい勤務体制でした。私が働いていた部署は他部署や他社との打ち合わせが多く、定時以降に会議等が入っていることも結構多かったです。

福利厚生・社内設備

福利厚生は充実していました。社内設備も開発設備に関してはかなり優れたものがあったと思います。会社も綺麗でオフィス環境も良かったです。

会社の良いと思う点

いくつもの独自コンテンツを持っているところです。これは私の職種の場合ですが、こういうコンテンツがあることで、私としてもやりがいある仕事ができていました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

開発スタッフ以外の人は研修などがほとんどなくて、開発スタッフほど福利厚生や大手の恩恵を受けれていないと感じることが多かったです。

退職理由

この会社よりも自分の経験を活かせる会社があったので転職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

広報やマーケティングに携わりたいのであれば、この会社の製品(コンテンツ)が好きかどうかが重要になってくると思います。大きい仕事をしたいのであれば、もっと大手の会社に行った方が良いでしょう。

目次に戻る

記事番号50978:マネージャー

入社を希望した理由

女性でもコアメンバーとしてゲーム開発に携われる会社を探していたところ、男女比が半々に近くて女性社員も多いこの会社を見つけました。

給与制度

年俸制という給与制度になっています。年俸額は入社時は能力と経験によって決まり、その後は1年間の仕事の評価によって査定されます。

社内の雰囲気

マネージャーがきちんと仕事しているところは雰囲気が良く、上と下の風通しも良いですが、マネージャーがダメなところはチーム全体の雰囲気が悪いです。

組織体制

プロジェクト毎の大規模のチームと、仕事内容毎の小規模のグループがあります。それぞれのクリエイターはどこかのチームのどこかのグループに属していて、チームリーダー(プロデューサー&ディレクター)の設計図を基に、グループリーダーの指示に従って作業にあたっています。

勤務体制

残業は多かったです。というより人によって仕事量が多すぎて勤務時間内に作業を終えるのが厳しいです。クリエイター以外の管理側の人間は特に他の人との兼ね合いもあって残業が多かったです。

福利厚生・社内設備

福利厚生は概ねほぼ何でも揃っていました。強いて言うなら有給休暇が取りにくかったことくらいが不満でした。会社としては全然取ってOKだったのですが、仕事内容的に穴を開けると厳しく休めないという状況でした。

会社の良いと思う点

誰でも活躍できる機会が与えられることです。これは正直に言えば直属の上司の性格にもよると思います。しかし、良い上司に当たれば新人の内から良い仕事を回してもらえて、チャレンジする機会を与えてもらえます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

仕事が特定の人に偏る傾向がありました。それだけ能力を評価してもらっているということだと思うのですが、一部の人に偏りすぎて激務で辞めていく人も多かったです。

退職理由

上記のように激務すぎて体力的にきつくなってきたので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

新しい部類の会社なので年功序列に縛られず若手でも活躍できる職場です。ここで活躍していくにはかなりの根性と体力が必要なので、そういう面に自信がある人にはお勧めできます。

目次に戻る

記事番号78465:デザイナー

入社を希望した理由

時代の流れからソーシャルゲームの開発経験を積んだ方が良いと思ったので、自社ソーシャルゲーム開発が盛んだったこの会社への入社を決めました。

給与制度

私の場合だと給与水準は平均的なものでしたが、平均値より高い人も低い人もいて社内での給与格差が大きかったです。ディレクターやプランナーなど開発の基盤を作れる人が多く貰っていたような気がします。

社内の雰囲気

体育会系の会社で上の指示は絶対でした。先輩後輩の縦軸の関係性が絶対的で、どれだけ他社で経験を積んでいる人でも入社後は新人扱いで指示通りに仕事をするだけでした。

組織体制

コンテンツ開発の現場ではプロジェクト毎のチーム制が出来ていました。各チームにはプロデューサーがトップにいて、ディレクターが開発の指揮を取っていました。

勤務体制

10時〜19時が定時の固定勤務制です。残業はプロジェクトによって差があって、多いチームだと毎日残業しているようなところもありました。開発から運営に移行すると残業は安定していました。

福利厚生・社内設備

この会社は大手IT企業のサイバーエージェントのグループ会社ということもあって、福利厚生の多くは親会社と同じものでした。プロジェクト単位のインセンティブ制度など会社独自のものもありました。

会社の良いと思う点

設立初期からコンテンツ開発が盛んで、ソーシャルゲームの特性を活かしたコンテンツを継続的に生み出せているところです。トップ陣が本当に優秀なので実現しているのだと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

体育会気質なところです。厳しい上下関係に意義を感じられませんでしたし、下の人間が意見を出せない環境はフェアじゃないと感じることが多かったです。

退職理由

チーム意識が低くて縦軸を絶対視している開発現場の体制が自分に合っていないと感じました。フラットな環境の方が自分の力をもっと活かせると思いました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ゲーム会社の中でも勢いがあるところだと思います。コンテンツ開発は盛んなので仕事自体はやりがいを感じられますが、体質に少し問題があるように私は感じました。

目次に戻る

記事番号86646:イラストレーター

入社を希望した理由

この会社が開発・運営しているゲームが自分の趣味と合っていたからです。またコンテンツ的にイラストレーターの仕事の重要度が高く、仕事にやりがいを持てると思いました。

給与制度

割と長く働いた前の会社より給与額が上がったので水準は高いのだと思います。給与は年俸制になるのですが月額換算で数万程度高くなりました。

社内の雰囲気

誰でも自由に意見が出来るというよりはガチガチの体育会系の雰囲気があります。理不尽なことを言われるわけではありませんが、とにかく上の指示は絶対という感じでした。

組織体制

グラブルやデレステなどコンテンツ毎に開発チームがありました。ディレクターからデザイナーまで全ての開発人員がチームに配属されていて、その中で開発作業から運営まで完結していました。

勤務体制

残業はかなり多かったです。特にコンテンツ開発中は各所で作業が多いので残業が増えていました。リリースして運営作業に回ると比較的残業は落ち着きます。

福利厚生・社内設備

コンテンツ成果(売り上げ)に応じたインセンティブがチーム全員に支給されるのが良いです。好調なコンテンツだと毎月のようにインセンティブが特別手当として入るので、そのチームに配属されると手取りが増えました。

会社の良いと思う点

コンテンツの特性的にイラストレーターの仕事が重要だったので働いていて楽しかったです。自分のイラストが売り上げを左右する部分があったので、数字として見やすいのも面白かったです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

人が多い会社なので意見が上まで伝わりにくいということがよくありました。マネージャーを通して意見を伝えることが多いのですが、マネージャーで止まったり、マネージャーが捕まらなかったりということがよくありました。

退職理由

この会社のコンテンツは好調なのでアップデートや新しい試みも多かったのですが、その流れに付いていけなくなったのが理由です。体力と神経をすり減らしながら仕事をすることに疲れました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

総合的に見て良い会社なのは間違いないのでお勧め出来ます。今のようにソーシャルゲームが台頭している中で、この会社で経験を積むのはかなり勉強になると思います。

目次に戻る

記事番号46315:イラストレーター

入社を希望した理由

入社前からCygames内部の人と個人的に知り合いで、コンシューマーゲームの開発経験者を求めているという話を聞き、面白そうだったので入社しました。

給与制度

私の場合は前職より50万ほど年収が上がり、給与水準に不満はありませんでした。昇給は年齢と勤続年数に応じた基準があり、その基準+個人評価で昇給額が決まります。

社内の雰囲気

職種毎の統率は取れていますが、開発人員が多すぎて他の職種の人と関わることが少ないです。全体で一眼となって開発しているという意識は低いと思います。

組織体制

基本はどこかのプロジェクトに配属という形になります。プロジェクト毎にチームは完全分離されていますが、退職する人も多いので配置換えは結構頻繁にあります。

勤務体制

残業は多いですが休日出勤はほぼありません。働き方改革がこの会社の中でもかなり浸透していってるので、残業も含めて会社が制限を掛けています。

福利厚生・社内設備

インセンティブ制度が多いのが良いと思います。特にプロジェクトインセンティブはチーム単位で支給されますし、金額も数万程度あるので嬉しいです。

会社の良いと思う点

給与が比較的良くて福利厚生も優れているところが良いと思います。何だかんだ言って結局は会社員として働く以上、給与や福利厚生の良さが満足度に一番直結する部分だと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

教育に関して会社が義務付けているものがないので、人によってスキルに差があるように感じます。勉強する気がない人は全然していなくて、周りから置いていかれています。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

会社員として働く上で給与と福利厚生は妥協できない要素だと思いますが、その点に関しては安心して良いと思います。向上心があれば給与も上がりやすいです。

目次に戻る

記事番号39115:プランナー

入社を希望した理由

設立以来業績を好調に保っていて、新しいコンテンツの開発も盛んな会社だったからです。新しいチャレンジがしやすい会社だと思いました。

給与制度

人によってマチマチではありますが、給与水準は高い方なように思います。給与額が低すぎて不満に思っている人は私の周りにはいません。昇給については少し古いシステムになっていて、不満に思っている人は多いです。

社内の雰囲気

向上意識が高い会社というか雰囲気があるので、そういう意欲がある人にとっては良いと思います。仕事が出来ない人、向上意欲がない人には厳しい印象があります。

組織体制

社内には複数の開発チームが発足していて、それぞれのチームでコンテンツの開発と運営を行なっています。チームによっては数年単位で開発作業を行なっているところもあります。

勤務体制

10時-19時の固定勤務制になっています。年俸制ですが裁量労働制じゃないので、19時以降に残業した分はきちんと手当として付きます。

福利厚生・社内設備

福利厚生はインセンティブ制度が充実しています。半期に1度の特別インセンティブやプロジェクト実績インセンティブなどがあります。

会社の良いと思う点

成功すれば莫大な利益が見込めるモバイルゲームの業界で好調なコンテンツを複数有しているので、その分社員への還元も大きくて良いと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

開発を指揮する人の意見がめちゃくちゃ強い会社なので、その人の気分や感性によって内容が大きく変わることがあります。プランナーとしては、その度に仕事のやり直しが起こるので大変です。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

会社の募集要項をよく読んで不安になりそうな部分がある場合は、契約社員として入社するのも良いと思います。契約社員から正社員になるのは簡単なので、まずは契約でお試ししてみるのもありです。

目次に戻る

記事番号86646:イラストレーター

入社を希望した理由

ソーシャルゲームの分野で好調な業績を残している会社だったので待遇面が他社よりも良く、大手IT企業の子会社なので経営的にも安定していたので入社を決めました。

給与制度

給与水準は相当高い部類です。中途採用は経験と能力によって給与額は変わるのですが、この裁量部分が全体的に高めに設定されています。昇給に関しても同様に高めだと思います。

社内の雰囲気

仕事に対して熱い職場です。どの職種の人も細かい部分まで作業を突き詰めていて、少しでも妥協が見えると上からOKは貰えませんでした。

組織体制

この会社では複数のコンテンツの開発と運営を行なっているので、コンテンツ毎に開発・運営チームが組まれていました。またコンシューマーゲームへの進出準備のために別動チームも組織されていました。

勤務体制

残業度合いは高いですが休日出勤はほぼありません。会社としても休日出勤には否定的で、よほどきちんとした理由がなければ休日出勤は許されませんでした。

福利厚生・社内設備

福利厚生は相当整っていた部類だと思います。手当制度・補助制度・休暇制度・教育制度などどれを取っても優れていました。また、社内設備についても十分なものが整っていました。

会社の良いと思う点

自社で開発しているコンテンツの質が高くて成果も上げられていたところです。成果が上げられているので、コンテンツの開発にお金を掛けられていて、更に成果を上げられる好循環が出来ています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

上司によって当たり外れがあるところです。下の者の意見をきちんと聞いてくれて、適した仕事を割り振ってくれる人もいれば、全く逆の人もいました。

退職理由

入社当初から上司と何かと合わなかったのですが、その相性が仕事にも影響を出し始めたので、自分のスキルを活かせないと思い退職を決意しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

中で働いている人の問題を除けば良い会社です。人の問題はどこの会社にもありますが、この会社は雰囲気というかとにかく独特です。

目次に戻る

記事番号20236:プログラマー

入社を希望した理由

入社する前もモバイルゲームの開発運営会社で働いていたので、実務経験レベル的にもモバイルゲームを中心事業に置いた会社が良いと思っていました。その中で実績を上げていて、技術も高いこの会社を選びました。

給与制度

給与は固定年俸制になっていて、12ヶ月分の基本給+職務手当+その他手当が合算された年俸となります。年俸以外にも半期毎にインセンティブが支給されることがあります。

社内の雰囲気

一つのプロジェクトに携わる人数が多すぎるのもあって統率はあまり取れていません。チームワークが感じられず、作業はあくまで個人で行なっています。

組織体制

開発現場はプロジェクト毎に専属チームが稼働しています。開発中は作業者人数が多くて、運営に変わると運営人員だけ残して開発作業者の一部は別のプロジェクトに異動になります。

勤務体制

勤務体制は10時〜19時が定時の固定勤務制になっていて、残業は実働支給制になっています。残業の度合いについてはそれほど多くないと思います。

福利厚生・社内設備

引っ越し補助や子供手当といった補助や手当に関する制度が多い気がします。インセンティブも結構色々あるので、年俸分以外にも毎月の支給は何かと多くなります。

会社の良いと思う点

人の入れ替わりが激しい反面、開発の安定性はすごく優れていると思います。それぞれのプロジェクトのトップに立つ人が優秀なので、多少の人員増減ではブレないくらい安定しています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

上にも書いた通り、人の入れ替わりが激しいです。人がいなくなってもコンテンツのクオリティは下げられないので、そういう時は一部の人の作業量が増えます。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

入社してくる人も多いですが辞めていく人も多いので、合う合わないがはっきり分かれる会社なのだと思います。辞めていく人の理由は色々なのでどこが悪いとは言えないですが。

目次に戻る

記事番号54243:プログラマー

入社を希望した理由

一番の理由は待遇が良かったからです。福利厚生がしっかりしていたので給与以外の部分でも満足度が高いと思いました。

給与制度

この会社では親会社のサイバーエージェントの給与システムをそのまま使っていて年俸制が導入されています。年俸額の基準や昇給基準もCAのシステムが使われています。

社内の雰囲気

トップダウン体制が顕著な職場です。意見を持てる一部の人たちの指示通りに仕事をすることを求められて、下の人間の意見はあまり聞かれないような気がします。

組織体制

どの会社でもあるようなプロジェクトチーム体制になっています。開発組織はまだ中規模程度なのでスタジオ制にはなっていませんが、後々スタジオ制も導入されるそうです。

勤務体制

フレックスなどはなくて一律で10時から19時が定時の勤務体制になっています。残業は時期によって差がありますが、会社から残業を減らすよう通達が出ていて多くは残業できません。

福利厚生・社内設備

福利厚生は本当にいろいろあります。サイバーエージェントから引き継いだ制度も多数ありますし、インセンティブ制度に関してはCygames独自の制度が多数設けられています。

会社の良いと思う点

待遇面の良さはさすが大手のグループ会社だなと思います。会社独自のもの以外にも親会社の制度も複数導入されているので、他社よりも利用出来る制度が多いです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

固定勤務体制になっていますが、フレックスタイム制を導入してほしいです。勤務時間に融通が効かないので、平日少しでも残業が起こると平日に自分の時間を持てません。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

作っているゲームも名が知れたものですし、やりがいのある仕事が出来ると思います。ただこの会社のゲームに魅力を感じないのであれば、仕事をしていても苦痛になると思います。

目次に戻る

記事番号99314:プログラマー

入社を希望した理由

複数のゲーム会社を傘下に置く大手IT企業のグループ会社で、横の繋がりが強いのが良いなと思いました。技術的な面でも教育的な面でも横の繋がりがあるメリットは大きいです。

給与制度

新卒入社の人もいれば中途採用の人もいるので、給与水準にはバラつきがあります。新卒の人は年齢毎の給与基準というのがあって、テンプレ的に昇給していくことに不満を抱えている人も多いです。

社内の雰囲気

部署によって違いますが体育会系のノリがキツいと感じることがあります。上下関係がやたら厳しくて、下の人は意見出来ない雰囲気があります。

組織体制

プロジェクトチーム制になっています。チーム内にはディレクターからプログラマーまで各種クリエイターが籍を置いていて、職種毎に小規模グループが作られています。

勤務体制

残業はプロジェクトによってはそれなりに多くなります。特に運営中のゲームはイベント等のアップデート作業が絶えず行われているので、自分の担当範囲のアップデートがあると残業が多くなります。

福利厚生・社内設備

福利厚生は本当に多くて、手当・休暇・教育・オフィス環境も充実しています。社内設備としてはマッサージルームがあって、施術の専門スタッフがいていつでも受けることができます。

会社の良いと思う点

大手で実務経験を重ねた人が多数在籍しているので、開発技術力は大手レベルのものがあると思います。少なくとも設立10年未満の会社の中ではトップレベルの技術力を持っています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

会社として培ってきた下地が薄いので、良くも悪くもクリエイター個人に頼る部分が多いです。そういう人が会社からいなくなると一気に開発レベルが下がります。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

色んなコンテンツの開発と運営が行われているので様々な開発経験が積める会社です。ジャンルの幅も広いですし、何よりチャレンジ精神がある会社です。

目次に戻る

記事番号51466:イラストレーター

入社を希望した理由

転職活動をしていた時に元同僚に話をしたところ、同僚が働いていたCygamesを紹介されました。同僚の紹介もあって採用フローもスムーズだったので決めました。

給与制度

給与水準は比較的高い方だと思います。何せ業績が好調なのでクリエイターにかけるお金は惜しんでいないという感じがあります。給与が良いので大手で有名コンテンツを作っていたような人が入社してくることもあります。

社内の雰囲気

どのプロジェクトもそうですが個人の感性より周りに合わせるスキルの方が重視される会社で、そのあたりを理解出来ていないと大変かと思います。

組織体制

複数のプロジェクトが稼働しているので、チーム制で開発作業が進められています。クリエイターは適正によってプロジェクトの配属が決定します。

勤務体制

残業は思っていたほど多くありませんでした。少し前までは月45時間以上が当たり前だったようですが、働き方改革が急激に進められて月単位で残業時間が減っていっているようです。

福利厚生・社内設備

入社時に限って会社の通勤圏内に引っ越しが必要な人は、引っ越し補助制度を利用することが出来ます。一律金額支給されるので、人によってはプラスになることもあります。

会社の良いと思う点

流行り廃りが激しいモバイルゲームの分野でずっと好調を保っているのがすごいところだと思います。流行りに応じて柔軟にコンテンツを作れるのが良いです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

クリエイターとして自分の個性や感性を活かせられる場所ではありません。どのコンテンツも質を一定化するために、周囲に合わせた仕事をしなくてはなりません。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします。)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

待遇面で言えば良い会社だと思いますが、仕事内容的には満足できる人とそうじゃない人の差が激しいです。実際にどんな仕事をするかきちんと理解していないと不満を感じやすいかもしれません。

目次に戻る

記事番号87665:イラストレーター

入社を希望した理由

セルラン上位のゲームを作った会社ということで事業が安定していると思いました。またこの会社のゲームはイラストの役割が大きいので、重要な仕事が出来ると思いました。

給与制度

給与は一般的な月給制ではなく年俸制で支払われます。一度に支払われるわけではなく、年俸を12分割した分が毎月振り込まれるようなかたちです。

社内の雰囲気

特に仲良しという職場ではありませんが、別に悪い雰囲気の職場というわけでもありません。適度な距離を保っているという感じで、一体感を持って仕事をしているという感じはないですね。

組織体制

プロジェクト体制で開発が行われています。それぞれのチームはかなり人数が多くて、開発が終わってゲームがリリースすると運営体制に移行し、一部の人員は別の開発チームに異動になります。

勤務体制

職種や役職に関係なく固定勤務制(10時-19時)になっています。19時以降は残業になるので残業手当が全額支給されます。残業自体は月20-40時間くらいの差があります。

福利厚生・社内設備

通勤手当の他に家賃補助制度があります。この制度には2駅ルールというのがあって、会社から2駅圏内に住んでいる人だけが対象になります。2駅以内であれば家賃補助と併せて通勤手当を貰うことも出来ます。

会社の良いと思う点

自社でのコンテンツ開発が優れているところです。最初の頃は大手IPばかり開発していましたが、ある程度の実績を積んだあとはもっぱら自社IPの開発に舵取りしています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

会社の雰囲気に問題があるのか離職率が高いです。プロジェクト稼働中にも辞めていく人が多いので、人員が安定せずリソースの再分配が頻繁に起こります。

退職理由

(現在も働いているのでパスでお願いします。)

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

大手のグループ会社という加護もありますし、会社単体で見ても優秀な開発組織を持っていますし、総合的に優れている会社だと思います。

目次に戻る

記事番号63204:エンジニア

入社を希望した理由

当時は派遣でエンジニアをしており、初のゲーム会社での勤務でした。ゲームは好きだったので、是非働きたいと思っていました。

給与制度

まだまだ新米のエンジニアでしたので、月20万程度で働いていました。(それ以上貰っている人ももちろんいました)また、当時は残業が多く残業代も支給されましたので、給料は1.5倍くらいになりました。

社内の雰囲気

エンジニアやプランナー同士の会話は、仕事以外に雑談も多く、アットホームな感じではありました。デザイナーはイラストを描くため、イヤホン等で集中しながら働いていました。新しい社員が入社した際は、社内全員が一つのフロアに集まり挨拶をしていました。

組織体制

1つのプロジェクトにプロデューサーとディレクターが1名いて、プランナーやエンジニア、デザイナーはそれぞれ10名弱、1つのプロジェクトで30名程の体制でした。正社員はプロデューサーくらいで、ほぼ派遣や業務委託の社員でした。CSメンバーは別にCSチームがありました。

勤務体制

規定の出社時間はありましたが、昼から出社している人もして、特に注意とかはされていませんでした。その代わり、作業が終わらない場合は残業は深夜までしていたり、泊まりで作業をしている人もいました。定時で帰る人もいましたので、作業が終われば定時で帰って問題ないと思います。

福利厚生・社内設備

ひとり1台パソコンは支給されました。エンジニアの場合モニターは2台になります。フロアはとても広いので、窮屈に感じることはありません。無料のソフトドリンクの自動販売機があったので、みんなそれを良く飲んでいました。

会社の良いと思う点

常にクオリティの高いゲームを目指しているので、社員のマインドは高いです。リリース後は売上がついてくるので、運営のモチベーションもあがります。社員数が多く、作業分担が細かく分かれているので、一つの作業に集中できます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

ゲーム会社はどこもそうですが、リリース前になるとピリピリしています。また残業も増え体力勝負になってくるので、体調管理をしていないとすぐダウンします。

退職理由

残業が多くなり、派遣元からストップがかかったので、派遣が終了しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

5年ほどの前の情報なので、今回お伝えした内容とは少し変わっているかもしれませんが、今もCygamesはヒットゲームを出していますので、社員のマインドも高いと思っています。その中で働けること自体、自身を持っていいと思っており、今後の自分の成長に繋がると思います。自分はCygamesで働いたことで、今もゲーム関連の仕事が続いていますので、ここでの経験をとても感謝しています。

目次に戻る

記事番号48615:デザイナー

入社を希望した理由

大手の傘下という事もあって自社IPの開発を盛んに行なっている会社だったので、自由度の高い開発体制で仕事が出来るのではと思って入社を希望しました。

給与制度

給与制度は親会社であるサイバーエージェントのシステムをそのまま利用していて、このシステムに基づいた昇給査定が行われて昇給額が決まるようになっています。

社内の雰囲気

先輩後輩の関係性が厳しい体育会系企業です。開発においてもトップダウン体制が強く、部署の上長の指示が全てです。今時の企業らしくない所があります。

組織体制

cygamesとしての事業所は東京に一箇所のみで、営業から開発まで全ての社員が同一ビル内で働いています。グループ会社として独立したアート部門やアニメーション部門も別にあります。

勤務体制

土日祝が会社カレンダー上の休みになっていますが、プログラマー等の一部の職種は持ち回りで休日出勤を平常的に行なっています。稼働しているゲームも多いので仕方ないのかもしれません。

福利厚生・社内設備

親会社のサイバーエージェント系の福利厚生や制度が多いです。手当・休暇・教育と全ての点で平均以上だと思います。オフィスも綺麗で社内設備面も優れている会社です。

会社の良いと思う点

人材が豊富な点です。大手でプロデューサーを務めた人を高待遇で雇っていたりするので、開発技術的には歴史ある大手古株に引けを取らないレベルになっています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

体育会系の雰囲気が強くて、役職にも就けない若手は圧迫されている感があります。意見を聞いてもらえる機会はあるものの、本心を言えないことも多いです。

退職理由

会社の雰囲気が余りにも自分と合っていなかったので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

ソーシャルゲーム系のゲーム会社としては相当勢いがある方だと思います。コンシューマーへの進出も目指していますし、事業はこれから大きく拡大していくと思います。

目次に戻る

記事番号44287:プログラマー

入社を希望した理由

これまでコンシューマーゲームの開発に携わってきましたが、モバイルゲームは全くの手つかずでした。スキルを磨くためにも実務を経験しようと、勢いのあったこの会社に入社しました。

給与制度

大手傘下で会社業績も好調ということもあってか、提示された給与水準は年齢平均よりかなり高かったです。昇給基準もわかりやすくて上がりやすいと思います。

社内の雰囲気

社内の風通しが良く、コミュニケーションが良く取れている職場です。上司や先輩が積極的にコミュニケーションを取ろうと意識していて、部下・後輩から意見やアイデアを取り込もうと努力してくれています。

組織体制

他の会社と同じようにプロジェクトチーム制になっています。数年前からコンシューマー向けゲームの開発もスタートしていて、専用の部署とチームが存在しています。

勤務体制

個人に割り振られる仕事が多くて残業が増えています。特に中途採用者は即戦力としてカウントされるので、入社直後からずっと途切れなく仕事量が多い状態になっています。

福利厚生・社内設備

開発に関わる設備や機材に対する投資を積極的に行なっている会社で、運営中のソーシャルゲームの質を高めるために社内にモーションキャプチャースタジオを作るほどです。

会社の良いと思う点

待遇や環境が良いところです。給与も高くて福利厚生も良いですし挑戦もしやすいです。また大手ゲーム会社と取引をしているので、今後の事業拡大にも期待できます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

プログラマーの人は仕事が途切れなくあるので息抜く暇がなくて疲れます。常に気を張りながら仕事をしているので、精神的に疲れて退職していく人もいます。

退職理由

退職していませんので、パスでお願いします。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

大手IPの請負開発から自社IP制作まで、モバイルゲームの分野で安定した業績を残している会社です。普段の仕事は大変ですが、その見返りとして高待遇を受けられます。

目次に戻る

記事番号42762:プログラマー

入社を希望した理由

スマホゲームの業界ではトップレベルの実績を残していて、今後コンシューマーゲームにも事業展開をしていくということだったので、自分の力を活かせるのではと思って入社を決めました。

給与制度

給与水準は高かったです。他社で経験してきたキャリア採用だと自分の希望より高めの年収を提示して貰えます。特に大手で経験してきた人の技術とノウハウを買うために高い給与で採用しているような印象です。

社内の雰囲気

社内の雰囲気は悪くありませんが若手は活躍しにくい職場です。いわゆるトップダウンな体制の会社で、役職に就いていない人は作業員という感じで見ている節があります。

組織体制

プロジェクト型の組織体制です。私がいた頃はグラブルやデレステなどの運営主体のチームと、プリコネや馬娘などの開発主体のチームに大きく分かれていました。

勤務体制

残業はあるにはあるのですが、会社が残業を減らすよう指示していました。なので残業時間が多くなってくると、部署の上長の指示で帰らされることもありました。

福利厚生・社内設備

サイバーエージェント系の制度を多く引き継いでるので、福利厚生は相当優れていたように思います。特に休暇制度が色々あって、満遍なくカバーされていたように感じます。

会社の良いと思う点

スマホゲームの分野で高い技術力を持っているところです。特に優れているのは3Dのモーションに関する技術で、社内にモーションキャプチャーのスタジオがあるのはこの規模の会社には珍しいと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

即戦力ばかり求める体質があるので教育制度があまり良くないように感じました。若手を育てようという意思があまり感じられず、クリエイター成長という点では他社に劣っていると思います。

退職理由

私個人の問題もあるのですが、この会社の悪い所がどんどん見えてきて、この会社に貢献する意欲が日々削がれていくばかりだったので、退職することにしました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

他の会社で経験を積んで入社するのであれば問題ありませんが、教育制度が良くないので未経験で入社すると大変だと思います。そもそも未経験で入社すること自体が相当難しいと思います。

目次に戻る

記事番号26637:デバッカー

入社を希望した理由

サイゲームスのデバックスタジオができると友達から聞いて、面白半分でその友達と一緒にアルバイト募集に応募しました。最初はサイゲームスのゲームが遊べるというだけの理由でした。

給与制度

アルバイト時代は時給1000円からスタートで半年後に1100円に上がりました。その後、正社員登用されることになりましたが、給与待遇は割とよかったですね。

社内の雰囲気

みんなでワイワイゲームをやっているのかと思えば、仕様書を睨みながら黙々と決められた動作を何回も確認するという感じで最初は驚きました。でも、休憩時間などはみんなで楽しく話していましたね。

組織体制

サイゲームスの製品をデバックするためのスタジオだったので、経理や事務以外の業務担当者はデバッカーばかりです。

勤務体制

会社自体が土日祝休みなので、アルバイト時代も正社員になってからも休日出勤はありませんでした。残業もほとんどありませんでしたが、急いでデバック作業をしないといけない時などはたまに残業がありました。

福利厚生・社内設備

同じ正社員でも開発スタジオとデバックスタジオでは福利厚生には大きな差があります。開発スタジオでは社員のための色んな制度がありますが、デバックスタジオだと最小限といった感じですね。

会社の良いと思う点

仕様書が明確で確認事項がはっきりしているのでデバック作業自体はやりやすいです。ゲーム好きな人ばかりなので、仲間内で話している感じで楽しいです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

デバックで異常を発見できなかった時の対応が厳しいと思うことがありました。責められるわけではないですが、以後の仕様書が途端に厳しくなることもありました。

退職理由

デバック作業がキツくなってきて、どんどんゲームを楽しめなくなってきたからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

デバックというのはゲームの異常を発見する仕事なので、発売前のゲームを楽しく遊べるというわけでは絶対にありません。確認項目も多いので、良いゲームを世に出すという正義感がなければ務まらないと思います。

目次に戻る

記事番号51116:グラフィックデザイナー

入社を希望した理由

この会社を選んだのは、自社でソーシャルゲームとコンシューマーゲームの両方の開発を行っているところに魅力を感じたからです。歴史が浅い会社の割に開発規模が大きく将来性を感じました。

給与制度

給与水準はかなり高い部類に入ります。入社時から給与はかなり高く昇給率も良い方です。また、インセンティブという特別手当が支給される機会が月1であるので、常に意欲的に仕事に取り組むことができます。

社内の雰囲気

チャレンジ精神を重んじる社風があり、挑戦的かつ独創的な人が評価される雰囲気があります。体育会系の会社ですが理不尽な要求は少なく、こちらも熱意を持って仕事に取り組めば上司や先輩とも良い関係を築けます。

組織体制

この会社自体が大手ITのサイバーエージェントのグループ会社で、グループ内には複数のゲーム会社があり交流も盛んです。会社としては完全に分離されていますが、社内制度などもサイバーエージェント系のものが一部で使われています。

勤務体制

デザイナー、グラフィッカーは仕事量が多くて残業が多い傾向があります。残業代は全額支給されるので稼ぎたいという人には良いと思います。他方で休日出勤は運営中のゲームに関わるプログラマーに多い傾向があります。

福利厚生・社内設備

かなり充実した福利厚生があります。月3万までの家賃補助制度、引越費用補助、子供手当、月1インセンティブなど、手当制度が特に充実しています。他にも無料マッサージルーム完備、スキルアップサポート、社内研修制度など多方面で社員のサポート制度が整っています。

会社の良いと思う点

職場環境が良くて仕事しやすいところです。作業するオフィスも綺麗で快適ですし、設備面も充実していて不便に思うことはありません。事業に対して設備投資を惜しまないところが良いと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

自社製ソーシャルゲームの開発プロジェクトをいくつも立ち上げていますが、人的制限から思うように進んでいない現状があります。私を含めた一部の社員は無駄なプロジェクトに人員を割いて、リソースが割かれることに不満を抱いています。

退職理由

現職中ですのでパスでお願いします。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

合う合わないがはっきりした会社なので、体育会系の雰囲気が苦手な人は厳しいと思います。トップダウン体制や上下関係はどこの会社にもあるので、その辺りは気にしないのがこの会社でやっていくコツです。

目次に戻る

記事番号78471:インフラエンジニア

入社を希望した理由

この会社の開発規模や将来性に魅力を感じたのが理由です。まだ歴史が浅い会社の割に多くの自社IPを持っていますし、新しい開発にも意欲的だったので、色んなチャレンジができるのではないかと思いました。

給与制度

給与水準は相当高いです。給与水準を上げることで色んな会社で経験を積んだ優秀なクリエイターを引き抜いているという印象があります。月1インセンティブもあって、モチベーションも上げやすいです。

社内の雰囲気

挑戦的な人が多くて、会社としてもチャレンジ精神に寛容な部分があります。与えられた業務をただこなしている人も多いですが、さらに高みを目指して挑戦できる人が評価されています。

組織体制

開発部はいくつもの部署があり、部署毎にプロジェクトに取り組んでいます。最近ではコンシューマゲームの開発を行う部署も新設され、組織は日々変わっていっています。

勤務体制

プランナーやデザイナーは仕事量が多くて常に残業のような状態になっています。プログラマーやエンジニアはそれと比べるとそれほど残業は多くなく、休みも取りやすい状態です。

福利厚生・社内設備

交通費支給や家賃補助など補助制度が充実しています。月に1回、最も実績の良かったプロジェクトのチーム全員にインセンティブが支給されます。最近、社内にモーションキャプチャースタジオが新設されて、さらに開発環境が良くなりました。

会社の良いと思う点

どんどん新しい開発に挑戦しているところです。ソーシャルゲームのみならずコンシューマゲームにも進出し、会社の事業を拡大していこうという意志があるので、将来性が期待できると思っています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

仕事量が職種によって偏り過ぎていると感じる時があります。そのせいかプランナーやデザイナーなど激務の職に就いている人は、過労で疲れて辞めていくという状態が続いています。

退職理由

今も働いているので、この質問はパスでお願いします。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

チャレンジ精神があって常に上を目指していけるような人には向いている会社です。逆に責任や挑戦に興味がなくて適当に仕事をしていたいという人には絶対に向いていない会社です。

目次に戻る

記事番号72868:プログラマー

入社を希望した理由

前の会社でコンシューマーゲームの開発に携わっていて、その時に経験できなかったソーシャルゲームの開発に携わってみたいと思って、常にセルランでも上位に入っているこの会社に入社しようと思いました。

給与制度

給与水準は高くて前職よりも月2万ほどUPしましたし、2年目以降の昇給もしやすかったです。昇給システムがわかりやすいので、上司と良好な関係を築いてやるべき仕事をしていれば自然と給料は上がっていきます。

社内の雰囲気

部署によって違ってきますが、上の人の意見が強い体育会系の職場ではあります。とは言っても若手の意見を聞いてくれる上司もいますし、アイデアも積極的に採用してくれる先輩もいます。

組織体制

部署は大きく分けてソーシャルゲーム部門とコンシューマーゲーム部門があります。ゲーム事業とは別で出版事業を行う部署もあり、細かな事業内容ごとに部署分けされています。

勤務体制

平均して月に30から40時間くらい残業しています。プログラマーはバグの修正やアップデートの対応が頻繁にあるので、時期に関わらず常に何かしらの対応に追われているような状態が続いています。

福利厚生・社内設備

福利厚生としてはインセンティブ制度がかなり充実しています。半年に1回は上司と人事考課による面談があって、その時に設定した個人目標の達成度に応じてインセンティブが支給されます。また、月に1回は最も業績のよかったプロジェクトチーム全員にお祝いインセンティブが支給されます。

会社の良いと思う点

意欲的かつ挑戦的に開発に取り組んでいるところだと思います。自分たちの技術をもっと高めようと研修やセミナー参加も積極的ですし、社内にモーションキャプチャー専用のブースを作ったりと会社も設備面での投資も惜しみません。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

体育会系の組織体制なので、この体制に合わない人が少なからずいるということです。上の人の意見が強くて萎縮してしまう人もおり、最終的に意見も言わず黙々と作業しているだけという状態になることもあります。

退職理由

ソーシャルゲームの実務経験を得られたので、この経験とスキルを活かした大規模なゲーム開発に携わりたいと思って転職することにしました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

給与や待遇は本当に良い会社だと思います。しかし、体育会系の職場環境なので合わない人が多いのも現実で、事実として離職率はこの規模の会社の割に高い方だと思います。

目次に戻る

記事番号16880:イラストレーター

入社を希望した理由

前の会社の待遇に不満があって転職しました。何社か受けた内の一つだったのですが、他社よりも自分のスキルを認めてくれているように感じたので入社しました。

給与制度

前の会社は小規模のゲーム開発会社だったので、そこに比べるとかなり待遇は良くなりました。特に昇給制度がしっかりしている点は良かったですね、給料が上がらないとどうしてもモチベーションを維持できませんので。

社内の雰囲気

どうしても前の会社と比べてしまうのですが、大きな会社なので色んな人がいて面白いですね。日本人じゃない社員もいるので、古い企業みたいに堅苦しい雰囲気もないです。

組織体制

自分は木っ端のイラストレーターですが、その上にはイラストレーターをまとめる人がいます。他の開発班も同じような構図になっていて、各職の管理者がプランナーやディレクターと舵取りをしている感じですね。

勤務体制

基本的には10時〜19時が勤務時間ですが、一部の人や職種によってはフレックスタイムであったり、短縮勤務であったり様々です。なぜか定時後にMTGが入ることもあります。

福利厚生・社内設備

色んな福利厚生が整えられていますが、自分が一番良いと思ったのは子ども手当てがあることですね。子持ち既婚者にとってはあるとなかなか助かる制度です。

会社の良いと思う点

働きやすい職場なところです。活気に溢れているので楽しみながら仕事をすることができます。イラストレーターに関して言えば、Photoshopとsaiという最低限のソフトさえ使えれば仕事ができるので、そういうところは楽ですね。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

プロジェクトの方向性が変わってしまうことがあり、その度に下の者が作業をやり直さなくてはならないところに不満を感じることがあります。

退職理由

勤務中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

イラストレーターとしてアドバイスするならば、既存のデザインにどれだけ寄せられるかが大事になってきます(もちろん一から生み出す能力も必要ですが)。特にこの会社はゲームごとにデザインの仕様が決まっているので。

目次に戻る

記事番号17186:シナリオライター

入社を希望した理由

ゲーム業界でもかなり勢いのある会社で、社内で様々なプロジェクトが動いていることや後進育成に力を入れているところに魅力を感じて、自分もその一員として楽しい仕事ができるのではないかと思い入社しました。

給与制度

ソーシャルゲームを中心に利益もかなり出ている会社なので、給与面における社員への待遇はかなりよかったです。年に二回の昇級制度があるのですが、直属の上司が評価を下すので自分の仕事に対して正当に評価してもらえているように感じました。また、家賃補助や引っ越し補助等の手当て制度も充実しており、安心して働くことができました。

社内の雰囲気

下の者でも意見しやすい環境ではあります。上の人が楽しんでゲームを作っているのがわかるので、ミーティングでも「こういうのが面白いんじゃないか」と気軽に提案できるような雰囲気になっています。

組織体制

社内でいくつものプロジェクトが並行して稼働しているので、基本的にはプロジェクトごとに完全分離しています。ただ、他のプロジェクトの人間ともコミュニケーションが取れるような環境が作られており、社内で情報交換はできるようになっています。

勤務体制

配属されたプロジェクトや業種によって様々で、私の場合は残業もそれなりにありました。稼働しているソーシャルゲームに携わっている人だとトラブルの対応などで遅くまで残業することもあるようでしたが、会社としては社員の残業廃止や休暇の取得に努めていたように感じます。

福利厚生・社内設備

大企業ということもあり、マッサージルームの完備など社内設備はかなり充実していました。スキルアップを後押しする制度があったり、社内サークル活動が頻繁に行われていたりと、働きやすい環境になっています。

会社の良いと思う点

様々な業種の優秀な人材が集まっているので、良い意味で刺激が強いです。自分のスキルにどれだけ自信を持っていても、上には上がいると実感できるので向上心が湧いてきます。豊かな発想力を持っている人も多いので、様々な面で感心することがありました。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

勢いのある会社ということもあり、基本的には激務です。求められるスキルも非常に高いので、自信を失くして去ってしまう人も多々います。「ただ何となくゲーム開発がしたい」程度の意欲では長続きしないように思います。

退職理由

激務で疲れていたところに身内の不幸があり、地方にある実家に戻って家業を継ぎながらのんびりと仕事をしていきたいと考えたからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

優秀な人材が集まる素晴らしい会社です。高い向上心と責任感が常に問われますが、仕事をやり遂げた時の達成感は格別です。「自分がゲーム業界を変えてやる」くらいの意識を持っている方なら、きっと仕事しやすい環境だと思います。

目次に戻る

記事番号63564:プランナー

入社を希望した理由

モバイルゲームを手掛けるゲーム企業の中でも最大手であること、同業各社から転職している人も多く、技術力を持っていることから入社を決意。

給与制度

業界平均よりも高い相場の給与になっている。ボーナスの支給も含めるとゲーム業界に限らず国内の給与水準からも高い方になる。昇給や昇進についても、若いディレクターなどリードポジションの人もおり、実力次第では評価されて実現しやすい環境となっている。

社内の雰囲気

自社、ひいては自社のゲームへの高い誇りを持っており、それを話題にする事も多い。仕事中に雑談などはあまり多くなく、定時後に人が減ってくると所々雑談している人もいる程度。仕事に集中して取り組める環境で、メリハリをもって仕事をすることができる。

組織体制

会社全体の中でゲームデザイン部、デザイナー部、システム部などに分かれている。

勤務体制

残業は常態化しており、ゲームスケジュールの都合上休日出勤も必要となる場面がある。ただ一定以上の残業等はマネージャーの許可などが必要となり、自身のペースで進めたい人にはマネジメントが難しくなっている面がある。

福利厚生・社内設備

社内にウォーターサーバーやドリンクバーなどが無料で用意されており、出入りも自由なのでしっかり休憩を取る事ができる。昼食の社内販売なども実施されており、格安で購入することもできる。イベントなども多く、勤務外での交流の場も用意されているので共通の趣味を持つ人を探せる環境ができている。

会社の良いと思う点

実際のゲームに限らずそれを制作する社内も活気づいており、社員の士気が非常に高いのが特徴的。成果を上げれば上げるだけ、それが自身の評価や昇進にもつながるのでやる気に繋がりやすい。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

組織系統が固く、直属の上司を飛び越えての相談などが基本的に行えない。そのためプロジェクトや上司次第では仕事が思うように進められない場合がある。また、運営タイトルが多いこともあり、プロジェクト配属の変更機会も少なく我慢を強いられる場合がある。

退職理由

他社でより条件のいい提示を受け、そちらに転職した。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

自身の実力を遺憾なく発揮して評価されたい、登り詰めていきたいといった人には申し分ない会社です。集中して仕事に取り組めるように環境作りがされており、メリハリをもって仕事に臨めます。残業は多いがその分の給与などもあるため、待遇面も申し分ないです。

目次に戻る

記事番号67333:ディレクター

入社を希望した理由

特に幼少期の頃、父親や従兄弟と遊んだり、友人と対戦をしたり等、ゲームを通してコミュニケーションを図ることが多々ありました。特に就活を始めた頃は「ソーシャルゲーム」というものに注目が集まり出し、世界中の人が分け隔てなく参加し、コミュニケーションができる環境に魅力を感じ、当時勢いのあったCygamesに興味を持ち、入社を決めました。また、採用担当も私自身の人柄をよく見てくれ、社員を大切にしてくれる会社と感じたことも大きな理由です。

給与制度

業界的には給与の水準は普通だと思います。月別でインセンティブキャンペーンがあったり、経費などはきちんと支払ってくれます。雇用形態によって大きく給与制度に差があるので、入社の際には細かなところまで確認は必要です。昇給に関しては直属の上司や部署の上司が丁寧に普段の姿勢を評価してくださるので、きちんと反映はされます。昇給自体は緩やかです。

社内の雰囲気

チーム体制が非常に強固です。分からなければ必ず誰かが教えてくれます。むしろ分からないのが当たり前という考えの方が多く、部署が違っても専門の方が入れば自由に聞きに行くことができます。定時後などは休憩室で社員同士が話をしていたり、ゲームをしていたりと仲が良いのも特徴であり、それを勧めているのは会社なので、本当にゲームが好きな人が集まっています。

組織体制

ゲームのタイトルや人事など、非常に細かく組織化されており、各組織にもきちんとリーダーやマネージャーが立っています。

勤務体制

担当によって残業の有無を大きく変わります。特にゲーム内のイベント前などは深夜まで残っていることが多いです。会社の方針としては残業無しを目指しているので改善される傾向ではあります。休日出勤は基本的にありません。深夜対応の際もシフト制で交代で勤務するためきちんと休める体制が整っています。

福利厚生・社内設備

社内設備は完璧と言っていいほど整っています。広い机が用意され、椅子も高級なバロンチェア、PCも担当業務によってはアップグレードしてくれますし、自分の使いやすいアクセサリを持ち込んでも許容されます。特にバックオフィスが優秀で、ソフトのダウンロードを依頼するとすぐに担当が駆けつけ、ダウンロードなどすべて行ってくれます。他自販機が無料だったり、格安で弁当が販売されています。

会社の良いと思う点

組織化が徹底されている事、それによりチーム力が非常に高い事が良いところだと思います。また、「分からないことが当たり前。分からないことがあればすぐに聞きなさい」という姿勢を全員が持っている為、ゲーム業界が初めてという方もすぐに戦力になれます。自分の強みを最大限活かすことができ、弱点はみんなで補う、そんな体制が整った会社だと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

数人から会社がスタートしており現在の規模まで成長したため、役職についている人のほとんどが初期メンバーであり、内輪感が多少感じられます。内輪で考えられた施策や方針がトップダウンで降りてくるときもあり、真意を理解できずに業務にあたる場面も多いです。

退職理由

担当業務が変わらず、自身のスキルに偏りがでてしまい、このままだとそれ以外できない人になってしまうと感じたこと。私の成長を見込んでというより、補充的に異動が何度かあり、人事制度に不満を感じた為。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

同業種、異業種どちらからでも転職が可能で、その人の強みを最大限生かしてくれます。急激に大規模な会社になってしまった為、評価制度などまだ整いきれていない部分もありますが、いずれ改善されると思います。ソーシャルゲームだけでなくコンシューマーの開発にも力を入れ始めているようですので今後のゲーム業界でも「何かやってくれる」そんな挑戦的な会社です。何か成し遂げてやるといった熱量が高い人材は歓迎される会社だと思います。

目次に戻る

記事番号72858:プランナー

入社を希望した理由

サイバーエージェント系列なので企業として安定感もあり、スマホゲームにおいては業界トップの売り上げを誇るその開発環境に興味がありました。入社までの過程にて、ネガティブ発言禁止、イベントを全力で楽しむなどの社風を伺い、共感できたので入社を決意しました

給与制度

派遣社員なので時給制ですが、入社前に他社での経験やその時の給与をお伝えすると考慮してもらえます。昇給に関しては派遣会社を通して、自分の成果をアピールすることで昇給を検討してもらえます

社内の雰囲気

フロアによって大きく異なります。大体のフロアが明るく賑やかな印象ですが、特定のフロアや一部のエリアではイラストレーターが集い照明を落としているため薄暗く、作業に集中しているのでとても静かです。イラストレーターにとても配慮されている環境だと感じます。MTGエリアや社内用の会議室が少ないため、他社と比べると突発的なMTGをしづらく思う時もあります。そのせいか、人数規模が多いことも相まってか、チャットでのコミュニケーションが大半です。

組織体制

職種ごとの部署に所属し、そこからタイトルに振り分けられます。体制は煩雑ではないのですが、決裁や承認フローがケースによっては所属部署であったり所属タイトルであったりと、とてもややこしいです。

勤務体制

どのタイトルでも朝会、昼会が毎日必ず開催されるので参加は必須です。遅刻に対しては厳しく評価されます。事前の遅刻欠勤や夏季休暇の予定などもPM承認、上長承認、チャットグループでの連絡、メールでの連絡とフローもしっかり定められています。また22時以降の残業や休日出勤も上長承認と事前連絡が必須となっており、残業時間が規定内を超える前からアラートが上がり続けるなど残業への取り締まりも徹底しています。

福利厚生・社内設備

ゲーム業界ではトップクラスです。常設カフェ、フリードリンク、社内弁当割引制度、無料の整体、無料のネイルサロンがあります。契約社員、正社員だと家賃補助も出ます。

会社の良いと思う点

社員が働きやすいように、態度やマナーに関して人事や総務から全社に、定期的に注意喚起がされます。挨拶レベルから設備へ使い方、体臭など皆が気持ちよく働ける環境づくりへの配慮がなされています。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

管理側の人数が圧倒的に不足しており、スピード感がないです。特に決裁やタイトルの決定権を持つ上位レイヤーが不足しているため、時に運用にクリティカルに影響します。人数規模が大きい会社で慣れていないと、なかなかもどかしさとストレスを感じるかと思います。

退職理由

現在就業中です。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

社内の催しが多いので、コミュニケーションを取ることが好き、人脈を広げたい方には向いていると思います。距離が縮まりやすいが故にウェットな関係になりすぎてしまうこともあるので、適度な距離感で接することが大事です。業務上の相談はしやすい環境であり、メンタル面のケアも丁寧です。勤続年数が長い人が多いため、属人化しすぎていることも多く非効率的だと感じることはしばしばあります。これからの発展や会社の拡大も見込めるので、安心して働ける会社ではあります。

目次に戻る

記事番号33913:プランナー

入社を希望した理由

元々エンタメ業界で勤務をしている中で、アニメやゲームのキャラクターソングやライブ事業が現在のエンタメ業界を盛り上げていると思うようになり、自社IPを持つゲーム会社で特に勢いがあると感じ入社しました。

給与制度

半年に一度の評価制度があり、正社員、契約社員、派遣社員、業務委託等関わらず全員に面談が行われます。面談では自分ができたことや、やりたい仕事を上司にアピールできるチャンスです。給与に関しては正社員契約ではなかったため詳細はわかりませんが、年齢平均よりはあると聞きました。契約、派遣、業務委託に関しても充分な給与となり、給与に不満が出ることはありませんでした。

社内の雰囲気

仕事をする上での当たり前のことを、改めて標語化しているため、それを見たときは、驚きましたが、会社で働くことが初めてのフリーランス等の方が多かったのと、忙しいと疎かにしてしまいがちな部分をこのルールを思い出して丁寧に進めようとする方が多かったです。基本的には全員優しい方が多いですが、黙々と作業をこなすタイプの方が多く社内は静かです。分からないことは聞けば教えてもらえますが、配属初日であろうと聞かなければ何も教えてもらえませんし指示もありませんでした。理由としては配属された方が何をするために配属となったか細かく共有されていないことと、同じチームであっても他者の仕事内容を理解していないことがあるためかと思います。情報を共有するという概念はなさそうです。また年齢は35歳以下が多くを占めています。

組織体制

チーム毎に各プロジェクトに振り分けられます。

勤務体制

基本的には残業はしないように早めの帰宅(定時帰宅する方が多いです)と休日は休むことが推奨されています。22時以降に残業が発生する場合は上司確認が必要です。

福利厚生・社内設備

一般的な上場企業と同じ福利厚生があります。300円前後の社内価格でお弁当購入ができます。また無料の自販機や低価格の社内カフェ等もあります。

会社の良いと思う点

人数が多いですが、組織としては統率されていると思います。みんなゲーム好きで、自分がユーザーである認識もあるので、よりよくしようと意識は高いです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

人数が多い分、明確な仕事のラインが決められており、チームを越えた仕事はできません。与えられた一つの仕事しかできなく、全体の情報も共有されないため、物足りなかったです。個人で黙々と作業する方が多く、コミュニケーションをとろうとしません。

退職理由

体調不良と自分が持っているスキルを全く活かせず、仕事内容が物足りなかったためです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

個人で黙々と作業するのが好きな人には合っているかと思いますが、チームでの仕事や色々なことがしたい!と思って入社すると窮屈で物足りません。ただ、よりよいコンテンツを作るために時間とお金は全く惜しまないスタイルですので、勢いは今後も続いていくと思います。

目次に戻る

記事番号48511:グラフィッカー

入社を希望した理由

入社した当時(2016年ごろ)、Cygamesが作ったアプリが毎回ランキングの上位に入っていたため、将来性を感じました。また、最高のコンテンツを作るという理念に共感したため入社を決めました。

給与制度

給与水準は低くはなかったです。ただ、昇給については直属の上長の評価次第なので、かなりファジーなものに感じました。また、周りはほとんど業務委託で、昇給の話などは基本的になかったように感じます。ただし、配属されたプロジェクトが売れれば、正社員の雇用もあったようです。良くも悪くもすべて成果主義に感じました。

社内の雰囲気

それぞれの机に囲いがあったため、みんな作業に集中していて、静かな雰囲気でした。特に、グラフィッカーの集められている階は、常時間接照明だけだったので、喋るのも憚られる雰囲気でした。ただし、PMやディレクター周りだけは常に騒がしかった印象があります。

組織体制

PJT所属という軸と、職能ごとの軸の二軸に所属することになると思います。

勤務体制

所属していた当時は体育会系の雰囲気が根強く残っており、マンパワーでなんとかするというのが主流だったので、残業がとても多かったです。23時ごろまで残っていましたが、フロアの周りの人も大体残っていました。ただし、女性は22時までに帰宅するというルールがありました。(女性社員が夜道で危険な目にあったというお話でしたが、現在も残っているルールかはわかりません。)

福利厚生・社内設備

サイバーグループの福利厚生のため、福利厚生はとても充実しています。社内設備については、無料で飲めるベンダー、安く変える自販機、オフィスグリコ、など大体のモノはそろっていました。冬はパーカー貸し出し、加湿器貸し出しなどあったので女性は嬉しいのではないでしょうか。また、椅子がとてもいいもの(失念しました)だったため、座り心地も良かったです。

会社の良いと思う点

社内設備がとてもよかったです。また、月に1度セクションリーダーが集まって、目標を決めるという会議があって、そのおかげで無料のネイルサロンが出来たり、かなり社員の就業環境はよかったです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

トップダウンがとても激しいと思いました。基本的には社長、取締のゴーがないとプロジェクトが日の目を見ることはありません。当時は製作にもかなり入ってきていました。「最高のコンテンツを作る」という目標は「社長たちにとって」というのが頭につきます。また、IP創出のために社内では様々なプロジェクトが立ち上がっていますが、ほとんどが途中で解散となっていました。その労力が非常に無駄に感じました。(かなり儲かっている会社なので、人件費には糸目をつけていませんでしたが……)

退職理由

所属していたプロジェクトが解散となったこと。また、トップダウンが激しく、やりたいことができないと思ったこと。中途はその場しのぎの使い捨ての傭兵扱いをされているためキャリアプランが立てられないと思ったこと。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

優秀な人も多いので、意志決定をしてくれる人の下で、割り切って作業だけしたいという人には向いていると思います。

目次に戻る

ゲーム会社の口コミ募集中

ゲーム会社の口コミ・レビューを募集しています。投稿頂いた方には謝礼をお送りさせていただいておりますので、ご興味ある方はこちらをご覧ください。

PR:ゲーム業界を目指す人&働いている人へのおすすめ:TechAcademy/テックアカデミー

  1. 現役エンジニアの実践的な経験を学べるオンラインスクール。
  2. プログラミング関連だけでなく、デザインやマーケティングなど、様々なコースあり。
  3. 料金は15.9万円~。無料体験もやっているのでまずは試してみるのがおすすめ。


-口コミ
-

Copyright© ジーメディア , 2021 All Rights Reserved.