口コミ

Klab株式会社の口コミ

Klab

記事番号72161:アシスタントプランナー

入社を希望した理由

販売の仕事をしていたのですが、もともと事務の仕事の方が性に合っていて体への負担も少なかったこと、アプリやゲームに興味があったためです。また、求人サイトにあったゲーム会社の求人がそこだけだったので、真っ先に応募しました。

給与制度

アルバイト・契約社員・正社員と段階があり、アルバイトからスタートすると努力次第で契約社員に切り替わりすることができます。しかし、契約社員から正社員になるまでの道のりは、人によって差がありました。正社員に上がるための実績の線引きが厳しいようです。昇給はチームをまとめる・継続年数が増えるなど、努力と結果でしっかり考慮していただけます。

社内の雰囲気

営業の方々を除き、みなさん基本的にほぼ私服ということもあって、かなりリラックスした空気の中で業務に取り組んでおられます。

組織体制

基本は部署ごとに管理されています。

勤務体制

残業は部署と案件によって異なるかと思いますが、全体的に見て皆さん基本は残業という印象でした。アプリの開発会社ということもあり、開発担当は会社に泊まったり、休日に出勤ということももちろんあります。

福利厚生・社内設備

一般的な上場企業と同じ福利厚生があります。社員用の0円自販機やリラックススペース、集中用個室なんてものがあったりと、いたれりつくせりな環境です。お弁当の販売も来ますし、周囲には飲食店がたくさんあります。

会社の良いと思う点

お互いの意識を共有し合うという点に重きを置いている印象でした。しっかりとすり合わせと情報共有を行うことももちろんですが、ひとりひとりとお話しする機会を設けて、今後のサービス向上や各員が楽しく仕事するための方法を模索したりと、自分の成長に繋がる現場でした。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

案件によって、チームメンバー同士の意思疎通が難しいことがあるようです。

退職理由

家庭の事情により。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

幹部の方々は本当に敏腕の方ばかりです。あまり上司に恵まれないということはないかもしれませんが、同僚となる方はどうかわかりません。逆に、相談すると不安を解消するよう動いていただけるかもしれません。良くも悪くも、柔軟に働ける現場で成長してみたい!という方は、入ってみるといいかもしれません。あと実は、昔はアプリではなく別のものを売る商売をしていたそうです。現在、安定したアプリがいくつかありますが、この先どうなっていくかはまだなんともいえない会社だと思いますので、そのつもりで入社されるのが良いかと思います。

目次に戻る

記事番号27558:シナリオライター

入社を希望した理由

前年収を大きく超えた月収・年収でオファーをもらい、職種も希望していたもので、業務内容も興味深かったため。

給与制度

比較的高水準だと思います。正社員はボーナスあり、契約社員はボーナスがない分、月収が高額になります。

社内の雰囲気

コミュニケーションが多く、和気藹々とした雰囲気です。Slackを主に使用しますが、同じ拠点にいる人とは直接話す機会の方が多いです。雑談も多いので、静かに黙々と作業したい人にとっては大変な環境かもしれません。

組織体制

ゲーム事業部の中で各案件ごとにチームが分かれています。内製の場合には百名以上の大規模なチームで、プロデューサー、ディレクター、エンジニア、デザイナー、プランナー、シナリオライター、サウンド、3Dなど様々な分野のスタッフが集まることになります。クリエイティブ系の職種は契約社員も多めです

勤務体制

ゲーム事業部は裁量労働制の社員が大半です。残業が多い人もいますが、勤怠はかなり緩く、成果をあげていれば勤務時間は問われないので、早く仕事を終わらせて早く帰宅する、遅く出社することもかなり自由です。エンジニアは重大なバグが発生したとき、シナリオ系人員は収録スケジュールなどによって休日出勤が稀にあります。休日は最低限しかありません。年末年始は12月30日から三が日のみの休みです。

福利厚生・社内設備

IT健保で、特典も色々とあります。本社が森ビルに入っているため、森ビルの展示会や展望台などに無料で入れます。無料コーヒー、お茶などがあります。設備は、基本がノートPC一台で、申請しないとモニターなどがもらえないため不便でした。

会社の良いと思う点

勉強会や社内交流が活発で、チームをまたいで知識や技術のシェアが行われています。勉強熱心な方も多い印象です。新技術を使ったゲーム制作も積極的に行われており、外部の催しに登壇するエンジニアも多いです。4半期ごとに全社会があり、表彰や新規PJの状況共有があるため、モチベーションにもつながります。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

マネジメント層のマネジメント力に不満がありました。プロデューサーが気分屋で、機嫌が悪いとパワハラ的言動をとったり、スケジュールが既に非常に危うい状態のものを土壇場でひっくり返したりと、現場への負担を増大させてストレス源になっています。また、社内人員が多すぎて仕事が回ってこない人がいたり、特定の人にタスクが集中したりと、割り振りや人員配置も上手くいっていませんでした。

退職理由

社内外の人間関係でのストレスが多かったことと、転職の際、事前に聞いていた話と違う部分が多々ありミスマッチを感じたためです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

シナリオ、イラストどっちもやりたいなど、裁量を大きく持ってやりたい方には向かないかもしれません。クリエイティブの特定分野のエキスパートになっていきたい方には良い会社だと思います。裁量制ですが、残業はあまりなく、むしろ業務時間が定時よりマイナスになることもあるので、ワークライフバランスを重視する方にも良い環境です。特定スキルを磨いていきたい、という明確な目標がある場合は、切磋琢磨して学びつつ業務に生かしていけるので、ぜひ検討してみてください。

目次に戻る

記事番号98492:運営・プランナー

入社を希望した理由

ゲーム会社に勤務していたのですがwebゲームを主に担当していたため、本格的なアプリゲーム運営に興味があり入社を決めました。

給与制度

業界の平均より少し低いかなと思います。ただ役職などによって異なるとは思います。

社内の雰囲気

割と落ち着いた雰囲気だと思います。IPものを扱うことが多いので、自社製品大好きというような熱心な方はあまり見かけない印象です。社内でコミュニケーションをとるときは、チャット上で話すことが多いのでミーティング以外で一日のうち誰とも話していない日などもありました。ゲーム好きな人はかなり多いので、どんなジャンルでもゲーム好きな方なら話は合うと思います。

組織体制

チームにもよりますが、プロデューサー、PMマネージャー、アート担当がいて指示する形です。

勤務体制

休日出勤はあまりない印象ですが、その分残業は多いと思います。残業は担当しているゲームやイベントなどのタイミングによります。大きな施策を控えたときは、2~3時間残業は当たり前でした。差し込み対応が多くあまり定時で帰れる印象はないですが、自分で計画的に仕事をこなせばある程度は帰り時間を早めることはできると思います。基本的に個人の仕事は他人に任せられる体制を作っていないので、自己責任で仕事のさばき方を決めていました。

福利厚生・社内設備

一般的な企業と同じだと思います。流行りのIT企業のようなイベントなどはありません。社内にある紙コップの自販機が無料だったり、必要な備品は基本的には支給されるので業務で困ることは無かったです。

会社の良いと思う点

規模の大きいアプリゲームを抱えているので、クオリティの高いものを提供する信念があり勉強になることが多いです。開発担当者は優秀な方が多い印象。一つ一つの施策などを提案してから実装までが割と早い印象でした。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

運営や制作方面が、少しアナログだなと思います。自社ツールなどがあまり発達していない、もしくは開発中なので向こう何年かでより便利になるかもしれません。また、社員を育てるという概念があまりないように感じました。自ら考えて調べて仕事していく、意欲が高い方は向いていると思いますが、業界初めての方はしっかり意志を持って仕事をしていかないと作業が多すぎて自分が何をやているのか分からなくなるときがあります。

退職理由

別の業界に興味が出てきたため。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

自ら進んで仕事をこなしていくスタイルの会社なので、ゲーム好きで向上心がある方はは楽しいと思います。大きなタイトルを多数抱えているので、主力で働くほど責任やプレッシャーは大きいと思います。

目次に戻る

ゲーム会社の口コミ募集中

ゲーム会社の口コミ・レビューを募集しています。投稿頂いた方には謝礼をお送りさせていただいておりますので、ご興味ある方はこちらをご覧ください。

-口コミ
-

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved.