口コミ

株式会社日本一ソフトウェアの口コミ

日本一ソフトウェア

記事番号48336:イラストレーター

入社を希望した理由

入社前年にこの会社から発売された夜廻のデザインセンスを見て、ゲーム開発の現場でイラストレーターとして働きたいと思ったのが入社のきっかけです。

給与制度

東京にあるゲーム会社の大卒初任給の平均が21万の時代に、この会社は初任給18万と低めの設定になっています。昇給システムはしっかりしていますが、中堅にならないと満足いく給与はもらえません。

社内の雰囲気

私が在籍するデザイン班は和気藹々とした現場です。チームを管理するリーダーポジションの人柄に寄るところが大きくて、合わない人の下に就くとかなり仕事がやりにくく感じます。

組織体制

会社全体で120人ほどの開発人員がいて、開発に携わらない業種の人が30人くらいいます。開発部は120人の人員をプロジェクトごとに分けて配置し、更に職種ごとのチームが組まれています。

勤務体制

定時が9時〜18時とゲーム会社にしては早めです。フレックスタイム制度などもないので時間管理はしやすいと思います。残業・休日出勤は人によってかなり差があるように思います。

福利厚生・社内設備

福利厚生は必要最低限としか言いようがありません。交通費の支給はありますが、家賃補助や各種手当制度もないので恵まれているとは思えません。開発設備も一般的です。

会社の良いと思う点

長くやってきた会社なので、幅広いジャンルのゲーム開発ができるノウハウを持っています。どんなジャンルでも無難にこなせる強みがあるのが良いところだと思います。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

開発体制の問題から一部の人に作業比率が偏る傾向があります。重要な仕事を任せられると、プロジェクトが完了するまで休日も含めて仕事で手一杯になります。

退職理由

在籍中。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

待遇面で不満はあるものの、開発環境は非常に良いと思います。何より経験あるクリエイターが多数在籍しているので、良い勉強ができると思います。

目次に戻る

記事番号47980:プログラマー

入社を希望した理由

色んなジャンルのゲームを開発している会社だったので、どんなジャンルも満遍なく経験を積めると思って入社しようと思いました。

給与制度

給与水準は業界最底辺レベルに低いです。大学院卒で基本給19万となっていて、昇給もしにくいので経済的にかなり厳しいです。逆にある程度年齢を重ねると自然に上がっていきます。

社内の雰囲気

年功序列の職場ということもあって、縦軸の絶対的な命令系統があります。クリエイティブなゲーム開発の現場としては、こういう雰囲気の職場は仕事がしにくいと感じます。

組織体制

社内では複数のプロジェクトが進行していて、100人規模の開発人員が分担して作業にあたっています。かたち上はチーム制になっていますが、割と簡単にチーム入れ替えがあって異動になることがあります。

勤務体制

時期によって多少は変動しますが、基本的に残業は多めになっています。休日出勤は忙しい時期でも月に1回あるかないかくらいで、その代わり平日に長めに残業するような感じです。

福利厚生・社内設備

関東ITソフトウェア健康保険組合に加入していて、この組合が提供している福利厚生サービスを受けることができます。と言っても割引券くらいしかありませんが。

会社の良いと思う点

プログラマーとして色んな経験ができるところが良いと思いました。色んなジャンルの開発を行っているので、かなり多様な分野で経験値が稼げます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

残業代で稼ぐという状態が続いていて、否が応でも残業しなければならないのが不満でした。経済的にも周囲の評価的にも残業しなければやっていけないのは、労働のかたちとして間違っていると思います。

退職理由

給与と福利厚生の待遇面に不満があったので退職しました。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

働いていく上で給与や待遇は重要だと思います、こちらも生活していかなければならないので。そういった点では、この会社は他社よりも一歩劣っていると感じました。

目次に戻る

記事番号42038:イラストレーター

入社を希望した理由

地元かつゲーム会社への就職を希望していて、条件に合うのがこの会社しかなかったからです。入社するまでこの会社のゲームはプレイしたことがなかったです。

給与制度

地方の中小企業としては平均的な初任給19万円でした。昇給制度も年に一回で手当ても平均的なので、全体的な待遇はまぁまぁって感じですね。

社内の雰囲気

社内の雰囲気は明るいです。ゲーム好きが集まっているので、社内では日々色んなゲームの話題が出ていますね。

組織体制

ゲームの開発は開発部に所属する人員が担っています。開発部の中には複数の課があり、課ごとにプロジェクトを進行させているという感じです。管理部や営業部など開発に携わらない部署もあります。

勤務体制

勤務時間は9時〜18時で一般的な企業と同じです。残業は多く、休日出勤もそれなりにあります。

福利厚生・社内設備

雇用保険や労災保険など各種保険もあり、ジムやホテルを割引利用できる制度など福利厚生はしっかりしています。

会社の良いと思う点

イラストレーター(デザイナー)という役職一つを取っても、その業務内容は多岐に渡ります。キャラクターを描いたり、背景を描いたり、UIを考えたりと色々な仕事ができるのが楽しいです。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

開発規模の関係で一人一人の役割が過多になるためリソースが厳しいことが多いです。リソースの関係でパフォーマンスが低下することもしばしば。

退職理由

ゲーム業界を廃業して他の業界で働くことになったためです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

与えられる職務が多様なので嫌でも経験が積めます。その分求められるスキルのレベルも高いですが、常に自分の実力を試しながら力をつけていくことができます。

目次に戻る

記事番号91949:3DCGデザイナー

入社を希望した理由

名古屋か岐阜でゲーム会社を探しており、知名度も高く上場企業でもありましたので入社を決めました。ディスガイアや魔女と百騎兵といったタイトルが好きだったこともきっかけです。

給与制度

業界平均より低いです。デザイナーとして入社しましたが、業界10年目でも年収450万円前後です。新卒の場合、大卒は19万、専門卒は16万スタートで、学歴の差は5年ほど経たないと埋まりません。中途でも前職が役員であったりしない限り、年収400万スタートだと思います。能力給と年齢給に分かれていますが、例えヒット作のディレクターを担ったとしても大幅な昇給は見込めません。完全な年功序列で、課長クラスでも年収500万以下です。役員になることができれば年収1000万を超えますが、一般社員から役員になった例は稀です。

社内の雰囲気

ディスガイアに代表されるような可愛い絵が大好きなオタクの集まりといった感じですが、業務時間中はかなり静かです。雑談がしにくい環境ですが、性格の良い人が多く、昼食を一緒にとったりプライベートでも遊んだりと社員間の仲間意識は高いです。以前は社内のチャットツールでの会話がメインでしたがそれも廃止になりました。就業中であっても自席での飲食や喫煙スペースでの喫煙は自由です。

組織体制

2年に1回ほど組織体制が変わりますのでこの情報はあまり参考にならないかもしれません。変わらないこととしては、管理部、開発部、営業部の3つの部に大きく分かれていることくらいです。その下にいくつかの課がありますが、頻繁に名称が変わったり人員の移動があります。デザイナーやプログラマーであっても人事部や営業部に転属になる可能性も僅かながらあります。

勤務体制

9:00~18:00(昼休憩1時間)の8時間労働です。2015年以前はブラックで残業が蔓延しておりましたが労基の指導が入ってからかなりホワイトになりました。ゲームのリリース1か月前であったり、複数タイトルの掛け持ちをしないかぎり残業や休日出勤は発生しません。繁忙期であっても週1回は必ず休みを取るようマネージャーに指導されます。

福利厚生・社内設備

福利厚生は普通です。持ち株制度やストックオプション、有志で結成された互助会などがあります。会社には有料ですが複数自販機があります。給湯室もあるので持参した珈琲を入れることも可能です。自社ビルには広い社員食堂があり、日替わり弁当を安く注文できます。椅子は5万~8万クラスの日本製ですが、経年劣化が激しくボロボロです。社員に支給されるパソコンのスペックも低く、回線が弱いせいかネットワークエラーも多いです。また、一部の職種以外、デュアルモニターが禁止されています。

会社の良いと思う点

社内のスタッフによる勉強会が毎月開催されています。申請は必要ですが仕事に関係する書籍を会社のお金で買うことができます。また企画祭という社内行事が毎年あり、自身の考えた企画がコンペで通れば新卒であってもディレクターをやらせてもらえます。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

100名程度の規模の割に大企業並みに意思決定に時間がかかることが多いです。例え100円であっても購買リストになり機材を購入する場合、稟議書を書く必要があります。稟議書の承認に1週間以上かかる場合もあり、それが意思決定が遅れる理由になっていますが、改善の兆しはありません。また、事前に決まっていたことでも、その後の上司の気分で決まったことがひっくり返されることが多々あります。大株主でもある創業者の力が強く、まわりの経営陣も忖度を余儀なくされます。その負の連鎖を最終的に尻拭いするのは現場の一般社員です。そういうこともあって年間20名近くの社員が辞めていきます。

退職理由

有能な社員の相次ぐ退職に伴う開発力低下と、みなし残業精度撤廃で年間50万ほど給与が下がったため。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

残業もなく、同業他社と比較して楽な環境だと思います。給与は高くはないですが、求められる仕事の品質もそれほど高くはないのでコストパフォーマンスは悪くありません。岐阜という土地柄、都会と比べ家賃も安く、空気も美味しいです。頑張って働くのが疲れてしまった、プライベートを大事にしたいという人にはぴったりの会社です。ただし、一度岐阜に来てしまうと近場での転職が難しくなるのでその点だけはご注意ください。

目次に戻る

記事番号80802:サウンドコンポーザー

入社を希望した理由

この会社の音楽部門に尊敬しているコンポーザーの方がいたのが入社を決めた理由です。コンポーザーとしてのセンスを磨く上で、この人の元でスキルを学びたいと思いました。

給与制度

若手の頃の給与水準はかなり低くなっています。昇給制度はしっかりしているので、昔ながらの企業通り年齢を共に給与がどんどん上がっていくようになっています。

社内の雰囲気

社内にはいくつものチームがあって、チームのトップとなるプロデューサーの性格によって雰囲気がガラリと変わります。良いところはかなり自由で和やかな雰囲気です。

組織体制

いわゆるプロジェクトチーム制というやつで、プロジェクト単位に開発チームが作られるという組織体制になっています。開発人員は全部で100名弱しかいないので、一部の上位職の人は並行して作業していることもあります。

勤務体制

土日休みの平日9時〜18時が標準労働時間になります。プロジェクト状況によって残業時間が変わってきますが、どちらかと言えば多い方だと思います。

福利厚生・社内設備

会社が用意している福利厚生は社会保険や健康診断くらいしかありません。その代わり、組合提供の福利厚生を利用することができます。保養施設の利用や割引制度などが使えます。

会社の良いと思う点

色んなゲームを開発しているので、コンポーザーとして色んなバリエーションの音楽制作ができたのが良かったと思います。スキルは磨ける環境でした。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

音楽制作はゲーム会社の一部門に過ぎないので、どうしてもコンポーザーの仕事が軽視されているように感じました。指示書や対応が遅かったり、クリエイターとして見られていないような感じがありました。

退職理由

音楽制作を専門とするスタジオへの転職が決まったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

音楽制作を行う人に関して言えば、これを専門とするスタジオに入った方が良いと思います。ゲーム開発の現場で作業をしたいという人もいるでしょうが、実際はかなり仕事がしにくい環境でした。

目次に戻る

ゲーム会社の口コミ募集中

ゲーム会社の口コミ・レビューを募集しています。投稿頂いた方には謝礼をお送りさせていただいておりますので、ご興味ある方はこちらをご覧ください。

会社名

株式会社日本一ソフトウェア

入社を希望した理由

この会社の音楽部門に尊敬しているコンポーザーの方がいたのが入社を決めた理由です。コンポーザーとしてのセンスを磨く上で、この人の元でスキルを学びたいと思いました。

給与制度

若手の頃の給与水準はかなり低くなっています。昇給制度はしっかりしているので、昔ながらの企業通り年齢を共に給与がどんどん上がっていくようになっています。

社内の雰囲気

社内にはいくつものチームがあって、チームのトップとなるプロデューサーの性格によって雰囲気がガラリと変わります。良いところはかなり自由で和やかな雰囲気です。

組織体制

いわゆるプロジェクトチーム制というやつで、プロジェクト単位に開発チームが作られるという組織体制になっています。開発人員は全部で100名弱しかいないので、一部の上位職の人は並行して作業していることもあります。

勤務体制

土日休みの平日9時〜18時が標準労働時間になります。プロジェクト状況によって残業時間が変わってきますが、どちらかと言えば多い方だと思います。

福利厚生・社内設備

会社が用意している福利厚生は社会保険や健康診断くらいしかありません。その代わり、組合提供の福利厚生を利用することができます。保養施設の利用や割引制度などが使えます。

会社の良いと思う点

色んなゲームを開発しているので、コンポーザーとして色んなバリエーションの音楽制作ができたのが良かったと思います。スキルは磨ける環境でした。

会社の悪いと思う点、不満に思った点

音楽制作はゲーム会社の一部門に過ぎないので、どうしてもコンポーザーの仕事が軽視されているように感じました。指示書や対応が遅かったり、クリエイターとして見られていないような感じがありました。

退職理由

音楽制作を専門とするスタジオへの転職が決まったからです。

この会社へ転職を考えている人に、伝えたい&アドバイスしたい事

音楽制作を行う人に関して言えば、これを専門とするスタジオに入った方が良いと思います。ゲーム開発の現場で作業をしたいという人もいるでしょうが、実際はかなり仕事がしにくい環境でした。

他の人の口コミを見る

あなたの働いていたゲーム会社の感想・評判を募集しております

ゲーム会社に関する口コミ・レビューを募集しております。謝礼もお送りさせていただいておりますので、詳細はこちらをご覧ください。
https://g-media.work/archives/78043535.html

-口コミ
-

Copyright© ジーメディア , 2020 All Rights Reserved.